【2019年ネイバーズトロフィーチーム選手権(女子)第2日】

2019年ネイバーズトロフィーチーム選手権は18日、宮崎県のトム・ワトソンゴルフコースで第2日のプレーが行われました。
韓国と4打差の2位でスタートした日本チームは、最年少の梶谷翼が-3、吉田優利が-1と奮闘。小倉彩愛もイーブンパーでホールアウトし、チームスコアを4つ伸ばして通算+2で競技を終えました。
しかし、首位の韓国チームはINA,Yoonの67を筆頭に採用スコア全員が60台の好スコアをマークする圧倒的な強さを見せて、チーム通算-10で大会連覇に王手をかけました。日本チームは12打差を追って明日の最終ラウンドに臨みます。
なお、チャイニーズタイペイチームは、通算+25で3位となっています。女子チームは、逆転をかけた最終ラウンドに向けて練習を行っています。皆様の応援をよろしくお願いします。