【ワールドハンディキャップシステム(WHS)日本セミナー開催】

 

4月25日、都内で2020年1月1日から施行されるワールドハンディキャップシステム(WHS)の指導者育成セミナーを開催しました。

R&Aからクレア・ベイツ女史、USGAからスティーブ・エドモンドソン氏が講師として来日し、各地区ゴルフ連盟ハンディキャップ委員など約30名が出席して、WHSの基礎や計算方法などについて講義を受けました。

WHSの導入により、これまで世界で可動していた6つのハンディキャップシステムが統一され、世界中のあらゆるゴルフコースでハンディキャップインデックスの使用が可能になります。ハンディキャップインデックスを取得している世界中のゴルファーが誰とでも公平且つ公正に競技やプレイベートラウンドで競うことが出来るようになり、ゴルフゲームをより楽しいものにすることが期待されるWHS。JGAでは2020年の稼働に向けて、地区ゴルフ連盟と協同してWHSの啓蒙に取り組んでいます。