JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ゴルフ規則裁定集
第3章 プレーについての規則
◎ ゲーム
 規則2 マッチプレー
マッチ:通則
  2/1 第3者を交えてのシングル・マッチ
  2/2 マッチプレーの正規のラウンドとは
  2/3 マッチプレーで規則に従うことを拒む
マッチプレー:通則
  2-1/1 規則にそった処置が分からないため、そのホールはハーフとすることにする
  2-1/1.5 1ホールのプレー中に、そのホールをハーフとすることに合意
  2-1/2 ネットスコアがゼロ(またはマイナス)となる場合
  2-1/3 1ホールを飛ばしてプレーしていたことが、マッチの勝敗が決まったあとで発覚
  2-1/4 マッチで2ホールを意図的に省略する
  2-1/5 マッチで、ホール順を間違えてプレー
  2-1/6 プレーの中断後、1番ホールからマッチを再開
ハーフのホール
  2-2/1 ハーフのパットを残しているプレーヤーに、相手がパットの線を教える
マッチの勝者
  2-3/1 勝敗がついたと思って最終ホールのパッティンググリーンを離れたあとで、マッチはオールスクエアーであることが分かる
  2-3/2 プレーヤーがドーミーの場合に相手がコンシードしたときのマッチの結果
マッチやホールや次のストロークのコンシード
  2-4/1 コンシードした相手の球を叩いて除けたところ、偶然にホールに入る
  2-4/2 次のストロークをコンシードしたあとで、その球がホールに落ち込む
  2-4/3 次のストロークをコンシードされたものと勘違いして、球を拾い上げる
  2-4/3.5 キャディーによるストロークのコンシード
  2-4/4 相手の球を拾い上げたことは、次のストロークをコンシードしたことになるか
  2-4/5 相手のボールマーカーを拾い上げたことは、次のストロークをコンシードしたことになるか
  2-4/6 次のストロークをコンシードされたあとで、パットしてホールアウトしてもよいか
  2-4/7 次のストロークのコンシードを辞退した(取り下げた)あと、パットを外す
  2-4/8 次のストロークをコンシードされた球を相手が拾い上げるのを待たずにプレーして、その球に当てる
  2-4/9 ホールをコンシードしたあとで、相手に誤球のプレーがあったことが分かる
  2-4/10 保留
  2-4/11 球を紛失したと思ってホールを相手にコンシードしたところ、その球がホールインしていた場合
  2-4/12 論拠のないクレームと知らず、ホールをコンシード
  2-4/13 ホールのコンシードを取り下げる(コンシードを明言していなかった場合)
  2-4/14 相手のスコアを誤認し、マッチをコンシードして球を拾い上げる
  2-4/15 相手がストローク数に関して無効なクレームの提起があり、すでにマッチに勝っていたのにそのマッチをコンシードする
  2-4/16 マッチを一旦コンシードしたが、クレームの時限内にクレームする
  2-4/17 マッチに勝ったものと誤認し、相手の球をピックアップ
  2-4/18 保留
  2-4/19 以降の競技に出場できないので、マッチの勝者が相手にマッチをコンシード
  2-4/20 競技日程の変更により、棄権した競技への復権を希望
  2-4/21 どちらのサイドがマッチをコンシードするかを、他のプレーの形式で決める
  2-4/22 プレーヤーたちがお互いにホールをコンシードすることに合意する
処置についての疑問:紛議とクレーム
  2-5/1 保留
  2-5/2 有効なクレームとは
  2-5/3 ホールアウト前にプレーヤーが球を拾い上げたところ、相手は自分の球をピックアップして、そのホールの勝ちを主張
  2-5/4 クレーム時限後に、誤球のプレーを理由にホールとマッチの勝ちを主張
  2-5/5 論拠のないクレームに対し、異議を申し立てなかった場合
  2-5/5.5 マッチの勝敗がついたあとで、クラブを15本持っていたことがマッチの結果の公表前に分かる
  2-5/6 「マッチはオールスクエアー」と勘違いして、異議を申し立てることもなく延長戦に入る
  2-5/7 マッチに勝っているのに、勝ちを主張せずに延長戦に入る
  2-5/8 委員でもない者の間違った判定を、当事者が受け入れた場合
  2-5/8.5 プレーヤーと相手が間違った処置に合意し、その処置を行った後のクレームは有効か
  2-5/9 ホールの勝ちをハーフと勘違いしていたことが分かり、クレーム時限後に異議を申し立てる
  2-5/10 間違ったことを言われてそれに従ったと、マッチ結果の公表後になってクレームを提起
  2-5/11 最終ホールを終わったあとでの誤報を理由に、マッチ結果の発表後にクレームを提起
  2-5/12 次のティーインググラウンドからプレーしたあとで反則を知ったレフェリーが、プレーヤーに罰を課す
  2-5/13 ハンディキャップホールを間違えていたことが、数ホール後に分かる(クレーム時限後に提起されたクレームの取り扱い)
  2-5/14 マッチの結果が公表されたとする時点
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約