JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ゴルフ規則裁定集
第3章 プレーについての規則
◎ プレーヤーの責任
 規則6 プレーヤー
プレーヤーの責任:規則
  6-1/1 競技規定と異る競技形式でマッチを行う
ハンディキャップ:通則
  6-2/1 「ハンディキャップ」とは
ハンディキャップ:マッチプレー
  6-2a/1 マッチの開始前に夫々のハンディキャップを決めることを怠る
  6-2a/2 ハンディキャップホールを双方とも勘違いしたまま、プレー
  6-2a/3 ハンディキャップホールを勘違いしていたことを、そのホールの終了前に気付く
  6-2a/4 ハンディキャップホールであることを忘れて、ホールをコンシード
  6-2a/5 ハンディキャップを間違えて相手に告げていたことが、マッチの結果の公表後に判明
  6-2a/6 間違って、ハンディキャップの差の3/4でマッチを行っていた場合
ハンディキャップ:ストロークプレー
  6-2b/0.5 フルハンディキャップが使われないときの「ハンディキャップ」とは
  6-2b/1 ストロークプレー競技で間違ったハンディキャップを誤って使用していたことが、競技結果の発表後に判明
  6-2b/2 ストロークプレー競技で間違ったハンディキャップを故意に使用していたことが、競技終了後に判明
  6-2b/2.5 フォアサム・ストロークプレー競技で、競技者がパートナーのハンディキャップを誤記(競技終了後、誤りが発見された場合)
  6-2b/3 委員会のミスで間違ったハンディキャップを用いたために優勝していたことが、数日後に判明
  6-2b/3.5 委員会がスコアカードに間違ったハンディキャップを記入していたことが、競技終了前に判明
  6-2b/4 フォアサム競技の競技者達がスコアカードに個々のハンディキャップを記入しない
  6-2b/5 4つの中のベスト2のスコアで優勝者を決める競技で、競技者が認められたものより多いハンディキャップを記入してスコアカードを提出した場合
スタート時間
  6-3a/1 決勝進出者の負傷による決勝戦の延期
  6-3a/1.5 規則6-3aの競技失格の罰を免除する例外的な状況とは
  6-3a/2 スタート時間には、その組の競技者全員が揃っていること
  6-3a/2.5 「スタート時間」とは
  6-3a/3 スタート時間(マッチで両選手が遅刻した場合)
  6-3a/4 スタート時間(プレーヤーは遅刻したが、その組のスタート時間も遅れていた場合)
  6-3a/5 プレーヤーが定刻より早くスタートする
キャディー
  6-4/1 「キャディー」の定義の中の、「特定の指示」とは
  6-4/2 保留
  6-4/2.5 プレーヤーのクラブを電動式カートなどで、運搬するだけの人の扱いについて
  6-4/3 クラブの運搬以外の、キャディーの仕事をやって貰う人を雇う
  6-4/4 キャディーが助手を雇って、パター以外のクラブを持ち運ばさせる
  6-4/4.5 手袋を届けにキャディーがティーインググラウンドに戻っている間、他のキャディーがプレーヤーのクラブを持ち運ぶ
  6-4/5 キャディーの他に、傘を持ち運ぶ人を雇う
  6-4/5.3 プレーヤーのために物品を運んでいる者とその者が持ち運んでいる物品の規則上の扱い
  6-4/5.5 プレーヤーが複数のキャディーを使用した場合の罰の適用
  6-4/6 共用のキャディーが2台のカートを引っぱっている場合
  6-4/7 ラウンド中に、キャディーを変える
  6-4/8 同じ競技の他の参加者のために、キャディーをつとめる
  6-4/9 競技を途中でギブアップし、残りのホールで同伴競技者のキャディーをつとめる
  6-4/10 キャディーが行ってもよい行為
スコアの記録
  6-6a/1 組み合わせから1人だけはみ出た競技者が、マーカーを自分で指名
  6-6a/2 マーカーなしで数ホールをプレー
  6-6a/3 ホール番号を書き変えて、スコアカードを訂正
  6-6a/4 競技者に有利な判定がでたが、マーカーはサインを拒否し続ける
  6-6a/5 マーカーがわざと誤ったスコアに署名をしたが、競技者はスコアが間違っていることに気づかなかった
  6-6a/6 スコアカードの修正方法についての規制
  6-6a/7 別のスコアカードを提出
スコアカードの署名と提出
  6-6b/1 競技者とマーカーが互いに署名欄を間違えて、スコアカードに署名
  6-6b/2 スコアカードの決められた欄以外に署名したり、イニシャルを使用して署名する
  6-6b/3 36ホール競技の第1ラウンドのスコアカードのサイン洩れが、第2ラウンド終了後に発覚
  6-6b/4 スコアカードの提出遅延(委員会にミスがあった場合)
  6-6b/5 委員会の任命した人以外の人が、マーカーとしてスコアカードにサイン
  6-6b/6 マーカーが競技者のスコアカードを持って立ち去る
  6-6b/7 マーカーがスコアカードに署名した後、競技者によるスコアの変更がされた
  6-6b/8 スコアをコンピュータに入力するよう要求することについて
スコアカードの変更
  6-6c/1 スコアカードを提出したものとみなされる時点
スコアの誤記
  6-6d/1 1ホールのスコアが記入洩れ(合計は合っているが)
  6-6d/2 合計スコアの計算違い
  6-6d/3 アウトとインのスコアを、間違って逆に記入
  6-6d/4 競技者のスコアを同伴競技者の名前の入ったスコアカードに記録(またはその逆)
  6-6d/5 観客が競技者のスコアが誤っていると主張する
  6-6d/6 提出したスコアカードに罰打を加えていなかったことが競技終了前に発覚する
  6-6d/7 提出したスコアカードに別の複数の罰を加えていなかったことが競技終了前に発覚する
  6-6d/8 提出したスコアカードに競技失格の罰を加えていなかったことが競技終了前に発覚する
  6-6d/9 一般の罰を伴う規則違反についての罰打を加えなかった
  6-6d/10 同伴競技者から罰を受けたことを正しく知らされた競技者は同意せずにスコアに罰を含めなかった
不当の遅延
  6-7/1 ティーに置き忘れてきたパターを取りに、引き返す
  6-7/2 10分間も球探しをする
プレーの中断:中断が認められる場合
  6-8a/1 9ホールを終えたところで、45分間TV観戦
  6-8a/2 先行組が球のとどく範囲外に出るまで、小屋で雨宿り
  6-8a/2.5 軽い飲食や休憩のためにプレーを中断
  6-8a/2.7 ラウンド中に倶楽部ハウスや茶店に入って、食べ物や飲物を入手
  6-8a/3 身体上の事故によるプレーの中断
  6-8a/4 電動カートが故障したためプレーを中断して、他のカートを取りに倶楽部ハウスへ戻る
  6-8a/5 降雨のため中断していたマッチの再開要求を拒否(プレー可能なコース状態であるのに)
  6-8a/6 降雨のため中断されていたプレーの再開要求を拒否(プレー不可能のコース状態を理由に)
プレーの中断:処置
  6-8b/1 「プレーの中断」とは
  6-8b/2 同伴競技者の1人がティーショットした直後に、プレーの中断のアナウンスがあった場合
  6-8b/3 プレーの中断のアナウンスがあった後、同じ組の1人だけがプレーを続けてそのホールをホールアウト
  6-8b/3.5 マッチプレーで委員会がプレーを中断し、相手がプレーを中断した後で打順を無視してプレー
  6-8b/4 中断となったマッチの指定再開日に、プレーヤーが参加できない場合
  6-8b/5 委員会がプレー再開を指示したのに、まだ雷の危険があるといってプレー再開を拒否
  6-8b/6 委員会が指定した時間に、競技者が競技を再開しなかった場合
  6-8b/7 プレーの即時中断を求める競技規定;即時中断しなかったことに対する競技失格の罰の免除や修正についてのガイドライン
  6-8b/8 危険な状況のためにプレーが中断された後に球をドロップした
  6-8b/9 プレーの再開;いつの時点でプレーヤーはその場所にいなければならないか
プレー中断の場合の球の拾い上げ
  6-8c/1 「球を拾い上げる正当な理由」とは
プレーを再開する場合の処置
  6-8d/1 中断した所からのプレーの再開(風雨などによりライが変えられた場合)
  6-8d/2 プレー再開前にバンカー内の球のライが変えられていた場合
  6-8d/3 委員会がプレーの再開を指示した直後に球をドロップしたプレーヤーが、その後規則6-8d(ii)に基づいて球を拾い上げる
  6-8d/4 ティーからも見えていた球が、プレーの中断中に失くなる
  6-8d/5 ラフの悪いライにある球がプレーが中断されている間に局外者によって動かされた;プレーヤーが位置を推定することが十分にできない
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約