JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ゴルフ規則裁定集
第3章 プレーについての規則
◎ 救済とその処置
 規則20 球の拾い上げ、ドロップとプレース;誤所からのプレー
救済の状況と処置:通則
  20/1 クラブレングスを測る場合に使われるクラブ
  20/2 「クラブレングス」を測るために、クラブを借りる
球の拾い上げとマーク
  20-1/0.5 球の拾い上げは、プレーヤー自身が行わなければならないか
  20-1/0.7 規則を適用できるかどうか確かめるために球を拾い上げる
  20-1/1 誤球と思って拾い上げた球が正球であった場合
  20-1/2 許可なしに、相手がプレーヤーの球を拾い上げる
  20-1/3 相手が無断でプレーヤーの球をマークして拾い上げたので、ボールマーカーを拾い上げてそのホールの勝ちを主張
  20-1/4 許可なしに同伴競技者が競技者の球を拾い上げる
  20-1/5 同伴競技者のキャディーが競技者の球を勝手に拾い上げたあと球を取り違えて渡されたのに気付かず、競技者がその球でプレー
  20-1/5.5 ボールマーカーを偶然に動かす
  20-1/6 球の位置をマークしているときに、ボールマーカーを偶然に動かす
  20-1/6.5 相手によってボールマーカーが押さえつけられる
  20-1/7 ボールマーカーが相手のキャディーによって偶然に動かされる
  20-1/8 そのホールの勝ちを得たものと誤認して、ボールマーカーを拾い上げる
  20-1/9 局外者がプレーヤーのボールマーカーを拾い上げる
  20-1/10 保留
  20-1/10.5 正規のラウンド中に、ボールマーカーが風で(またはカジュアルウォーターにより)動かされる
  20-1/11 他のプレーヤーの援助となるボールマーカー
  20-1/12 ルースインペディメントを動かした後でプレーヤーが偶然にボールマーカーを動かした
  20-1/13 妨げとなるので拾い上げを求められた球を、偶然蹴とばす
  20-1/14 球を拾い上げにいったプレーヤーがパターを偶然に球の上に落とし、球を動かす
  20-1/15 規則20-1と規則20-3aの中の「直接的に結びつけられる」行為とは
  20-1/15.5 球の位置をマークする行為により変えられたライ
  20-1/16 球の位置をマークする方法
  20-1/17 ティーペッグを使ってマークしたところ、相手の球がそれに触れて方向を変える
  20-1/18 保留
  20-1/19 球の位置をマークする際にボールマーカーを置く位置
  20-1/20 ボールマーカーを球の後ろに2インチも離して置く
  20-1/21 保留
  20-1/22 マークしたあと、球をクラブで払いのける
ドロップと再ドロップ:ドロップする人、方法
  20-2a/1 保留
  20-2a/2 球にスピンをかけてドロップ
  20-2a/3 正しくない方法で、しかも誤所にドロップ
  20-2a/4 間違った方法でドロップした球がアドレスしたときに動いたので、球を拾い上げて正しい方法でドロップしなおす
  20-2a/5 ドロップすると当たりそうな木の枝を、キャディーに引っぱっていてもらう
  20-2a/6 アンプレヤブル球条項に基づいてドロップした球がプレーヤーに当たった場合;救済処置を他の選択肢に変えることを希望
  20-2a/7 ドロップすべき場所をマークするために使った手袋に、球が当たった場合
  20-2a/8 ドロップした場合に球が転がっていく場所を見定めるために球をドロップ
ドロップする場所
  20-2b/1 ドロップした球が、地面に落ちてこなかった場合
  20-2b/2 クラブレングスの測り方
再ドロップを要する場合
  20-2c/0.5 修理地からの救済を受けてドロップした球が、修理地にスタンスがかかるような所に止まる(再ドロップを要するかどうかについて)
  20-2c/0.7 動かせない障害物よりの救済を受けてドロップした球が、救済のニヤレストポイントよりもその障害物に近づいて止まる(クラブを変えればその障害物による障害もなくなる場合、再ドロップを要するかどうかについて)
  20-2c/0.8 修理地からの救済(救済のニヤレストポイントを決める際に使ったクラブとは違うクラブを使うと修理地にスタンスがかかる場合、再ドロップを必要とするかどうか)
  20-2c/1 ドロップした球が、ドロップすべき区域の外へ転がり出た場合
  20-2c/1.3 ドロップした球が木の枝に当たって跳ね、地面に落ちて止まる(再ドロップを要するかどうかについて)
  20-2c/1.5 前のストロークを行った箇所にドロップした球が、ホールの方へ転がる
  20-2c/1.7 規則24-2bによりドロップした球が転がっていって、救済のニヤレストポイントよりはホールに近い所に止まったが、元の位置よりはホールに近づいてはいない場合(再ドロップを必要とするかどうか)
  20-2c/2 2回でなく、3回もドロップ
  20-2c/3 ドロップすると球が転がってハザード内に入りそうなので、ドロップせずにプレースする
  20-2c/3.5 ドロップした球が一旦止まったあと、アウトオブバウンズに転がり出る
  20-2c/4 ドロップされた球が止まる前に、キャディーが球を受け止める(罰がつく場合)
  20-2c/5 再ドロップせずに、別の救済処置をとる
  20-2c/6 救済を受けた後、ストローク中にプレーヤーのクラブが動かせない障害物に当たる
  20-2c/7 カジュアルウォーターからの救済を受けてドロップしたところ、別のカジュアルウォーターの所に球が止まる
プレースとリプレース:プレースする人、場所
  20-3a/0.5 プレースやリプレースは、プレーヤー自身が行わなければならないか
  20-3a/1 球をリプレースした後、ボールマーカーを取り除く際に球を動かす
  20-3a/2 方向を合わせるために球の線を利用する
  20-3a/3 他の規則が適用となる場合に、球はリプレースされなければならないか
プレースやリプレースする球のライが変えられた場合
  20-3b/1 バンカー内で拾い上げていた球のライが変えられる
  20-3b/2 他のプレーヤーにより、バンカー内の球のライが変えられる
  20-3b/3 会場整理係がギャラリー整理用の杭を抜き、球のライが変えられる
  20-3b/4 スルーザグリーンの球のライが変えられた;球の初めのライは分かっていたが、球があった箇所を決められない
  20-3b/5 局外者によってラフにあった球のライが変えられた;球の初めのライが分からず、球のあった箇所も特定できない
  20-3b/6 バンカー内の球のライが変えられた;球の初めのライは分かっていたが、球があった箇所を決められない
  20-3b/7 初めのライを「最も似ていて最も近いライ」とすることができるか
  20-3b/8 球のライに影響するルースインペディメントが動かされる
プレースとリプレース:箇所を確定できない場合
止まらない球
  20-3d/1 プレースした球が、転がってホールに入る
  20-3d/2 バンカー内の動かせる障害物を取り除いたために動いた球を、ホールに近寄らずにはそのバンカー内にプレースできない場合
  20-3d/3 深いラフの中でアドレスしたら球が沈んだ。プレースしようとしても球が止まらない場合
ドロップしたりプレースしたときインプレーの球となる
  20-4/1 パッティンググリーン上で球をリプレースしたがボールマーカーを取り除かなかったところ、そのあとで球が動いた場合
  20-4/2 パッティンググリーン上で、プレーヤーが拾い上げた球をキャディーがボールマーカーの後ろに置く
前のストロークをした箇所から次のストロークをする場合
  20-5/1 空振りのあとの第2打がアウトオブバウンズであった場合
  20-5/2 規則20-5に基づいて処置するプレーヤーが球をコースの違う場所にドロップする
間違ってドロップしたりプレースした球の拾い上げ
  20-6/1 ドロップすべき球をプレースする(またはその逆)
  20-6/2 アンプレヤブルとみなし、誤所にドロップしたあとで、前と違う救済処置をとることにする
  20-6/3 ドロップの際に、誤って別の球をドロップ;誤りの訂正
  20-6/4 再ドロップする際に球を取り替える
  20-6/5 プレーヤーが規則に基づいて球をドロップし、その後で球を初めの位置にリプレースすることを望む
誤所からのプレー:通則
  20-7/1 作業車に当たって球がアウトオブバウンズに出た所から、別の球をプレー
  20-7/2 ウォーターハザード内の球をアンプレヤブルとみなし、そのハザード内にドロップしてプレー
  20-7/2.5 ウォーターハザード内の球をアンプレヤブルとみなし、他の球をハザード内にドロップしたがプレーする前に誤りに気づく
  20-7/3 プレーを禁止されている区域内にドロップをすることができるか
  20-7/4 プレーヤーがプレーを禁止されている準環境保護区域として標示されているラテラル・ウォーターハザード内で複数のストロークを行う
誤所からのプレー:ストロークプレー
  20-7c/1 パッティンググリーン上で誤所にリプレースしてホールアウト
  20-7c/2 誤所からパットしたことに気付き、球を拾い上げて正しい箇所からパットをやり直す
  20-7c/3 バンカー内で球を失くしたと思い、別の球をバンカー内にドロップしてプレーしたところ、初めの球がバンカーの外で見つかる
  20-7c/4 競技者の球が同伴競技者によってプレーされる;競技者は別の球に取り替え、誤所からプレーしたあと、その球を放棄し、正しい場所から初めの球でホールのプレーを終えた
  20-7c/5 規則20-7cにより第2の球をプレーした場合;「不採用と裁定されたその球でのプレーによって受けた罰打」とは
  20-7c/6 バンカー内の球が他のプレーヤーによってプレーされる;プレーヤーがリプレースしないでプレー
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約