JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ゴルフ規則裁定集
第3章 プレーについての規則
◎ 救済とその処置
 規則23 ルースインペディメント
ルースインペディメント:通則
23/1
  ルースインペディメントが障害物に変わる場合
      ルースインペディメントは建築過程や製造過程の進行に伴い、その取り扱いが障害物に変わることがある。例えば、1本の丸太(ルースインペディメント)は分割され、足がつけられ、組み立てられるとベンチ(障害物)に変わるし、また1片の木屑(ルースインペディメント)も木炭に造り上げられたときは障害物となる。
23/2
  「地面に固くくい込んでいる」とは
質問:   定義32の「ルースインペディメント」によれば、地面に固くくい込んでいないものはルースインペディメントということになるが、どのような状態のときに「地面にくい込んでいる」というのか。
回答:   石の一部が土の中に入っていても簡単につまみ上げることのできる場合、その石はルースインペディメントである。地面に固くくい込んでいるかどうかについて疑問のある場合は、その石は取り除くべきでない。
23/3
  食べかけの梨
質問:   食べかけの梨がバンカー内の球の直ぐ前にあり、しかもバンカー付近には梨の木はないような場合、プレーヤーはその梨をルースインペディメントとしてでなく障害物として取り扱い罰なしに取り除くことができるか。
回答:   障害物としてその梨を取り除くことはできない。梨の実は自然物であり、木から離れた時点でそれはルースインペディメントとなる。梨が半分食べかけであったという事実もバンカー付近に梨の木がなかったという事実も、その梨のゴルフ規則上の取り扱いを変えるものではない。
23/4
  果物の皮
質問:   バナナの皮や他の果物の剥き皮はルースインペディメントか。
回答:   ルースインペディメントである。
23/5
  蟻塚
質問:   蟻塚はルースインペディメントか。 
回答:   ルースインペディメントである。蟻塚は虫類によって作られた放出物、または堆積物である。プレーヤーは規則23-1により蟻塚を除くことができる。
   ◎関連裁定:
   *23/11 穴掘り動物が作った穴の盛り土からのバラバラの土
   *25/23 もぐらの盛り土
   *33-8/22 蟻塚を修理地として取り扱うことを認めるローカルルール
   
23/5.5
  虫のような生き物の取り扱い
      定義32「ルースインペディメント」では、ミミズ、虫類はルースインペディメントであると規定している。「その他類似のもの」という言葉は蜘蛛のような生き物を含む。蜘蛛の巣は虫類による放出物であるとみなされ、巣が他の物に付着していたとしてもルースインペディメントとなる。
23/6
  (保留)
23/6.5
  蛇の規則上の扱い
質問:   蛇の規則上の取り扱いは何か。
回答:   生きている蛇は局外者である。死んでいる蛇は局外者及びルースインペディメントである。物や人は複数の定義に該当することがありえる。
23/7
  倒木
質問:   倒木はルースインペディメントか。
回答:   同じ倒木でも、根株に未だくっついていればルースインペディメントではないが、根株から完全に離れているようであればルースインペディメントである。
23/8
  一部が地中にもぐっている虫
質問:   半分が地上に出ていて半分が地中に入っている虫は、取り除くことのできるルースインペディメントか、それとも地面に固定しているものとか地面に固くくい込んでいるものとみなされてルースインペディメントではなくなるのか。
回答:   半分地中にもぐっている虫は、定義32「ルースインペディメント」の中でいうところの地面に固定しているもの、地面に生えているもの、地面に固くくい込んでいるものには相当しない。したがって、そのような虫は規則16-1a(i)や規則23により取り除くことができる。
23/9
  土にくい込んでいるどんぐりの実
質問:   土にくい込んでいるどんぐりの実はルースインペディメントか。
回答:   そのどんぐりの実が地面に固くくい込んでおれば、ルースインペディメントではない……定義32「ルースインペディメント」参照。
   ◎関連裁定:
   *16-1a/7 部分的に地面にくい込んでいたパットの線上のどんぐりの実を取り除くときにできた凹みを修理
23/10
  地面に落ちている果実の中にくい込んでいる球
質問:   みかんの木の下に落ちていたみかんの実の中に球がくい込んでいた。この場合、どのように裁定すべきか。
回答:   プレーヤーは、その球をあるがままの状態でプレーするか、またはアンプレヤブルとみなさなければならない。質問のケースでは、みかんの実は球に付着しているのでルースインペディメントではない。
23/11
  穴掘り動物が作った穴の盛り土からのバラバラの土
質問:   プレーヤーの球がスルーザグリーンの穴掘り動物が作った穴から出された盛り土の中にあった。プレーヤーは規則25に基づく救済に加え、球の周りにある盛り土を形成しているバラバラの土を取り除くことができるか。
回答:   できない。穴掘り動物によって作られた放出物はルースインペディメントではない(定義32「ルースインペディメント」参照)。
   ◎関連裁定:
   *23/5 蟻塚
   *25/23 もぐらの盛り土
23/12
  エアレーションプラッグ
質問:   フェアウェイのエアレーション(注:芝の生育を助長するために土に空気を注入する作業)の際にできた棒状の土の固まりは、ルースインペディメントか。
回答:   ルースインペディメントである。バラバラの土はルースインペディメントではないが、このような棒状の土は土がぎっしり詰められたものであるのでルースインペディメントである。
   ◎関連裁定:
   *25/15 エアレーション作業でできた穴
23/13
  土の塊
質問:   土の塊はルースインペディメントか。
回答:   ルースインペディメントである。バラバラの土はパッティンググリーン上以外ではルースインペディメントではないが、土の塊はバラバラの土ではない。
23/14
  道路舗装に使われるルースインペディメント(砂利道の砂利)
質問:   プレーヤーの打った球が砂利道の上に乗った。プレーヤーはこの障害物からの救済を受けることができるが、この砂利道上からプレーすることを希望した。プレーヤーはストロークの妨げになるかもしれない砂利を取り除くことができるか。
回答:   取り除くことができる。砂利はルースインペディメントであるので、プレーヤーは規則23-1に基づいてルースインペディメントを取り除くことができる。上記のプレーヤーの権利は、砂利でおおわれている道路は人工の表面をもつ道路となり、したがって障害物であるという事実によって無効にされることはない。同じ原則が石、粉砕した貝殻、ウッドチップなどによって構成された道路や通路にも適用となる。
   ◎関連裁定:
   *13-2/32 壁から石を取り除くことによってプレーの線を改善する
   *24/9 舗装された道路や通路
   
   ◎規則23に関連するその他の裁定:索引「ルースインペディメント」を参照
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約