JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ゴルフ規則裁定集
第3章 プレーについての規則
◎ 救済とその処置
 規則26 ウォーターハザード(ラテラル・ウォーターハザードを含む)
ウォーターハザード:通則
  26/1 球が「ウォーターハザード内にある場合」とは
  26/1.5 ウォーターハザードとコースの他の部分に触れている球の取り扱い
  26/2 ウォーターハザードの標示杭の立て方が適切でなかった場合
  26/3 ウォーターハザードの標示がない場合
  26/3.5 ラテラル・ウォーターハザードをウォーターハザードとして標示
  26/4 保留
  26/5 保留
  26/6 ウォーターハザード内に球が入ったものとしてストロークと距離の処置をとって別の球をプレーしたところ、初めの球がウォーターハザードの外で見つかる
ウォーターハザードに入った球
  26-1/1 「分かっているか、ほぼ確実」とは
  26-1/1.3 「ほぼ確実」であることを証明するためにウォーターハザードまで行くことが必要となる場合とは
  26-1/1.5 規則26-1でいう「後方」とは
  26-1/2 ウォーターハザードからの救済を受けて、別のハザード内にドロップ
  26-1/3 救済を受けたあとで、初めの球がウォーターハザードの外側で見つかる
  26-1/3.5 分かっているか、ほぼ確実なのでウォーターハザードの規則に基づいてドロップした球;その後に初めの球が見つかる
  26-1/3.7 球がハザード内にあることが分かっていないか、ほぼ確実でないのにウォーターハザードの規則に基づいて球がドロップされた;その後、初めの球が見つかる
  26-1/4 分かっていない、またはほぼ確実でないのに救済を受けたあとで、初めの球がウォーターハザード内で見つかる
  26-1/5 ウォーターハザード条項に基づいて救済を受けたあとで初めの球がハザード内で見つかり、その球を第2の球としてプレー
  26-1/6 球がパッティンググリーン側からウォーターハザード内に入った場合
  26-1/7 ウォーターハザード内の水流が、球をアウトオブバウンズに押し流す
  26-1/8 ラテラル・ウォーターハザード内の水流でアウトオブバウンズの球がインバウンズに運ばれる
  26-1/9 キャディーがプレーヤーの承認なしにウォーターハザード内の球を拾い上げる
  26-1/10 ウォーターハザード内の土手にドロップすべき球を、プレースする
ラテラル・ウォーターハザードに入った球
  26-1/11 ウォーターハザードをラテラル・ウォーターハザードと間違える
  26-1/12 球がハザードの限界を最後に横切った所はウォーターハザードであるが、止まった所はラテラル・ウォーターハザードである場合
  26-1/13 ラテラル・ウォーターハザードの対岸がウォーターハザードとして標示されている場合
  26-1/14 ラテラル・ウォーターハザードの「対岸の地点」とは
  26-1/15 ラテラル・ウォーターハザードからの救済処置について
  26-1/16 ラテラル・ウォーターハザードからの救済を受けてドロップした場所が誤所であったことが、その球をストロークする前に分かる
  26-1/17 ラテラル・ウォーターハザードからの救済を受けてドロップした場所が誤所であったことが、その球をストローク後に分かる
  26-1/18 ラテラル・ウォーターハザードの限界を球が最後に横切った地点よりホールに近づかずに、球をドロップすることが不可能な場合
  26-1/19 ラテラル・ウォーターハザード規則により認められたドロップ区域が狭くて、区域内に球をドロップすることが困難な場合
  26-1/20 ラテラル・ウォーターハザード内に止まっている球については、その位置の対岸に球をドロップすることを認めるローカルルール
  26-1/21 ラテラル・ウォーターハザード規則の重大な違反の例
ウォーターハザード内でプレーした球
  26-2/1 規則26-2aと規則26-2bの救済処置について(解説)
  26-2/2 ハザード内からプレーした球が一旦ハザードから出たあと、同じハザード内に止まる
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約