JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ゴルフ規則裁定集
第3章 プレーについての規則
◎ 救済とその処置
 規則28 アンプレヤブルの球
アンプレヤブルの球
  28/1 アンプレヤブルとみなすためには、球の確認を要する場合
  28/2 初めの球はアンプレヤブルとみなし、暫定球も放棄して3つ目の球を打った場合
  28/3 アンプレヤブル条項に基づいてドロップした球が、元の場所に戻ったり別のアンプレヤブルな場所に行って止まった場合
  28/4 スルーザグリーンにある球をアンプレヤブルとみなし、ハザード内にドロップ
  28/4.5 スルーザグリーンでアンプレヤブルとみなし、球をウォーターハザード内にドロップ(その球をプレーせずに、ウォーターハザード条項に基づいて処置する場合)
  28/5 アンプレヤブルな状況の場所からの脱出が、1回の救済を受けただけでは不可能な場合
  28/6 第2打をプレーした後でアンプレヤブルとみなし、ティーインググラウンドに戻って打ち直す
  28/6.5 アンプレヤブルとみなしてドロップしたあとで改めてアンプレヤブルとみなし、初回の選択とは異なるストロークと距離の処置をとる
  28/7 空振りしたあとで、アンプレヤブルとみなした場合
  28/8 アンプレヤブルとみなしたものの、前ストロークを行った箇所の方がホールに近くなる場合
  28/9 バンカー内の草で被われた部分にある球を、アンプレヤブルとみなした場合のドロップ箇所
  28/10 バンカー内にドロップすべきところをバンカーの外にドロップ
  28/11 樹上の球がアンプレヤブルの場合のドロップ箇所
  28/12 球が崖下にあってアンプレヤブルの場合のドロップ箇所
  28/13 アンプレヤブルとみなして球を拾い上げたあとで、そこが修理地であると分かる
  28/14 遺棄されていた球をアンプレヤブルとみなし、救済処置(規則28a)をとったあとで初めの球が見つかる
  28/15 遺棄されていた球をアンプレヤブルとみなし、救済処置(規則28c)をとったあとで初めの球が見つかる
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約