JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ゴルフ規則裁定集
第3章 プレーについての規則
◎ 競技の運営管理
 規則34 紛議と裁定
クレームと罰:マッチプレー
  34-1a/1 マッチプレーの第3ラウンドまで進んでいたプレーヤーに、第1ラウンドで規則を無視することの合意があった場合
クレームと罰:ストロークプレー
  34-1b/1 提出スコアカードに罰打の付加洩れがあった場合
  34-1b/1.5 同伴競技者より規則違反の指摘があったが、罰打を付加せずにスコアカードを提出(競技終了後、委員会がこの事実を知った場合)
  34-1b/2 スコアカードに競技者の署名のないことが競技終了後に発覚
  34-1b/3 誤球のプレーの訂正が行われなかったことが、競技終了後に発覚
  34-1b/4 ラウンド中にクラブの重量を変えたことが、競技終了後に発覚
  34-1b/5 委員会が間違って優勝者に競技失格の罰を課していたことが、他のプレーヤー間でプレーオフが行われたあとで、発覚
  34-1b/6 委員会の間違いで、真実の優勝者のスコアが登録洩れであった場合
  34-1b/7 予選ラウンドのスコア誤記がマッチプレーの始まったあとで発覚
  34-1b/8 マッチプレーへ進んだプレーヤーが予選ラウンドでの誤ったスコアにより競技失格となる
  34-1b/9 アンチ・ドーピングの条件の違反が競技終了後に発見された
レフェリーの裁定
  34-2/1 特定の区域を修理地と宣言するレフェリーの権限
  34-2/2 プレーヤーの反則行為を、レフェリーが間違って承認した場合
  34-2/3 レフェリーが規則に違反しようとしているプレーヤーに警告する
  34-2/4 プレーヤーがレフェリーの裁定に不服な場合
  34-2/5 最終ホールでプレーヤーがパッティンググリーンを離れたあとに、レフェリーが判定を訂正したため勝敗が逆転
  34-2/6 プレーヤーが次のプレーをした後にレフェリーが裁定を覆す
  34-2/7 マッチプレーにおけるレフェリーの間違った裁定の訂正
委員会の裁定
  34-3/1 ストロークプレーでの間違った裁定の訂正
  34-3/1.3 ストロークを取り消すようにとの間違ったアドバイスを受ける
  34-3/1.5 ストロークプレーでの委員会の誤りとスコア
  34-3/2 委員会はプレーヤーがすでにそのホールを負けていると思い、プレーのペースの条件の違反の罰をプレーヤーに課さなかった
  34-3/3 マッチプレーで間違った裁定に基づいてプレーヤーが誤所からプレーした;誤りが発見された場合のプレーヤーへの処置
  34-3/3.3 ストロークプレーで間違った裁定に基づいて競技者が誤所からプレーした;誤りが発見された場合の競技者への処置
  34-3/3.5 レフェリーの指示を誤解したために、プレーヤーが勝手に自分の球を拾い上げた場合
  34-3/3.7 プレーヤーが暫定球でのプレーを続けるようにとの間違った指示を受ける
  34-3/3.9 委員会が規則3-3について間違った裁定を行った;裁定を訂正できるかどうか
  34-3/4 事実関係を委員会も明確に認定できない場合
  34-3/5 マッチの真実の状態を委員会も明確に認定できない場合
  34-3/6 プレーヤーが適用できない規則に基づいて処置した場合の委員会の裁定
  34-3/7 レフェリーはプレーヤーが球を動かす原因となっていなかったと決定;委員会がその後裁定を変える
  34-3/8 プレーヤーは裁定に基づいて処置をした;その後でプレーヤーの事実についての証言が間違っていたことが分かる
  34-3/9 事実問題についての解決;レフェリーと委員会の責任
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約