JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ROLEX
ゴルフ規則
目次 【第1章】エチケット 【第2章】用語の定義 【第3章】プレーについての規則 付属規則 アマチュア資格規則 2016年規則主要な変更点
第3章 プレーについての規則
◎ ゲーム
規則3 ストロークプレー
定 義
 定義はゴシック体で表記され、第2章の用語の定義(P34~51参照)にアルファベット順に記載されている。
3-1 通  則:優勝者
 ストロークプレー競技は競技者が1または複数の正規のラウンドの各ホールを終了し、各ラウンドに対する各ホールのグロススコアが書かれたスコアカードを提出することによって成立する。各競技者はその競技の他のすべての競技者に対して競技することになる。
 1または複数の正規のラウンドを最も少ないストローク数でプレーした競技者が優勝者である。
 ハンディキャップ競技では、1または複数の正規のラウンドで最小のネットスコアの競技者が優勝者となる。
3-2 ホールアウトの不履行
 ホールアウトしなかったホールがあり、その誤りを競技者が次のティーインググラウンドからストロークをする前に(ラウンドの最終ホールでは、そのパッティンググリーンを離れる前に)訂正しなかったときは、その競技者競技失格となる
3-3 処置についての疑問
3-3 a 競技者のための処置
 ストロークプレーに限り、競技者があるホールのプレー中に自分の権利や、正しい処置について疑問がある場合、その競技者罰なしに2つの球でそのホールを終えることができる。
 この規則に基づいて処置をするためには、競技者は、疑問となる状況が生じた後で次の行動をとる(例えば、初めの球でストロークを行う)前に、2つの球をプレーすることを決めなければならない。
 競技者マーカーまたは同伴競技者に次のことを知らせるべきである 。
●2つの球をプレーする意図。および、
●その球に対してとられた処置が規則で認められるのであれば、どちらの球をカウントしたいのか。
 スコアカードを提出する前に、競技者はその状況の事実を委員会に報告しなければならない。報告しなかった場合、その競技者競技失格となる
 競技者が2つの球をプレーすることを決める前に次の行動をとった場合、競技者は規則3-3に基づいて処置をしたことにはならず、初めの球(オリジナルボール)でのスコアがカウントされる。競技者が2つ目の球をプレーしたことに対する罰はない。
3-3 b ホールのスコアについての委員会の決定
 競技者がこの規則に基づいて処置した場合、委員会はその競技者のスコアを次のように決定する。
(i)次の行動をとる前に、競技者がどちらの球をカウントしたいかを知らせており、そして規則がその選んだ球に対してとられた処置を認めるのであれば、その球でのスコアをカウントする。規則がその選んだ球に対してとられた処置を認めない場合、規則が他の球に対してとられた処置を認めるのであれば、その他の球でのスコアをカウントする。
(ii)次の行動をとる前に、競技者がどちらの球をカウントしたいのかを知らせていなかった場合、規則が初めの球に対してとられた処置を認めるのであれば、その初めの球でのスコアをカウントする。規則が初めの球に対してとられた処置を認めない場合、規則が他の球に対してとられた処置を認めるのであれば、その他の球でのスコアをカウントする。
(iii)規則が両方の球に対してとられた処置を認めない場合、競技者が誤所からのプレーをしたことにより重大な違反をしていなければ、初めの球でのスコアをカウントする。競技者が一方の球でのプレーで重大な違反をしていた場合、規則がもう一方 の球に対してとられた処置を認めていないという事実にかかわらず、そのもう一方の球でのスコアをカウントする。競技者が両方の球で重大な違反をしていた場合は、競技失格となる
注1:規則が球に対してとられた処置を認める」とは、規則3-3が行使された後、(a)初めの球が止まった所からプレーされ、その場所からのプレーは認められている、あるいは(b)規則がその球に適用した処置を認めており、その球が規則に規定されている通りに正しい方法で、正しい場所でインプレーにされたこと、のいずれかを意味する。
注2:初めの球でのスコアをカウントすることになる場合、プレーされた2つの球のいずれもが初めの球でない場合、最初にインプレーにされた球を初めの球とみなす。
注3:この規則が行使された後で、カウントしないと裁定された球に対して行われたストロークと、その球をプレーすることによってのみ課せられた罰打は無視される。規則3-3に基づいてプレーされた2つ目の球は規則27-2に基づく暫定球ではない。
(誤所からプレーされた球-規則20-7c参照)
3-4 規則に従うことを拒む
 競技者が他の競技者の権利に影響するような規則に従うことを拒んだ場合、その競技者競技失格となる
3-5 一般の罰
 ストロークプレーでの規則違反の罰は2打。ただし、別の定めがある場合を除く。
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約