JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ROLEX
ゴルフ規則
目次 【第1章】エチケット 【第2章】用語の定義 【第3章】プレーについての規則 付属規則 アマチュア資格規則 2016年規則主要な変更点
第3章 プレーについての規則
◎ プレーヤーの責任
規則9 打数の報告
定 義
 定義はゴシック体で表記され、第2章の用語の定義(P34~51参照)にアルファベット順に記載されている。
9-1 通 則
 プレーヤーが要したストローク数は受けた罰打を加えたものである。
9-2 マッチプレー
9-2 a 要したストローク数についての情報
 相手は、1ホールのプレー中にプレーヤーがそれまで要したストローク数を、また1ホールのプレーを終えた後でそのホールで要したストローク数を、プレーヤーに確かめることができる。
9-2 b 誤 報
 プレーヤーは相手に誤報を与えてはならない。プレーヤーが誤報を与えた場合、プレーヤーはそのホールの負けとなる。
 次の場合、プレーヤーは誤報を与えたものとみなされる。
(i)罰を受けたことをできるだけ速やかに相手に告げなかった場合。ただし、次のときを除く。
(a)罰を伴う規則によってプレーヤーが処置していることが明らかであり、しかもそれを相手が見ていたとき。
(b)相手が次のストロークをする前に、プレーヤーが誤りを訂正したとき。
(ii)1ホールのプレー中にそれまでに要したストローク数について間違った情報を与え、相手が次のストロークをする前にその誤りを訂正しなかった場合。
(iii)そのホールで要したストローク数について間違った情報を与え、そのためにそのホールの勝敗についての相手の理解に影響を与えた場合。ただし、その組のプレーヤーの誰か1人が次のティーインググラウンドからプレーする前に(マッチの最後のホールでは、その組のプレーヤー全員がそのパッティンググリーンを離れる前に)その誤りを訂正したときを除く。
 プレーヤーが罰を受けていたことを知らなかったために罰を加えなかったとしても、プレーヤーは誤報を与えたことになる。規則を知っておくことはプレーヤーの責任である。
9-3 ストロークプレー
 罰を受けた競技者は、マーカーにそのことを速やかに告げるべきである。
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約