JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ROLEX
ゴルフ規則
目次 【第1章】エチケット 【第2章】用語の定義 【第3章】プレーについての規則 付属規則 アマチュア資格規則 2016年規則主要な変更点
第3章 プレーについての規則
◎ ティーインググラウンド
規則11 ティーインググラウンド
定 義
 定義はゴシック体で表記され、第2章の用語の定義(P34~51参照)にアルファベット順に記載されている。
11-1 ティーイング
 プレーヤーがティーインググラウンドから球をプレーする場合、球は、地面や地面に刺した(あるいは置いた)適合ティー(付属規則Ⅳ参照)に置いて、ティーインググラウンド内からプレーされなければならない。
 この規則を適用する際、「地面」には地面の不整箇所(プレーヤーによって作られたかどうかにかかわらず)や砂その他の自然物(プレーヤーによって置かれたかどうかにかかわらず)を含む。プレーヤーが不適合ティー上の球や、この規則で認められない方法でティーアップされた球をストロークした場合、プレーヤーは競技失格となる
 プレーヤーはティーインググラウンド内の球をプレーするために、ティーインググラウンドの外に立つことができる。
11-2 ティーマーカー
 プレーするホールのティーインググラウンドから球をプレーする際はどのようなときも、プレーヤーがその球に対して最初のストロークをするまでは、ティーマーカーは固定物とみなされる。その際、自分のスタンスや意図するスイングの区域、プレーの線の妨げとならないように、ティーマーカーをプレーヤーが動かしたり動かすのを許したときは、そのプレーヤーは規則13-2の違反に対し罰を受ける
11-3 ティーから落ちた球
 インプレーになっていない球がティーから落ちたり、プレーヤーがアドレスしているときにクラブが球に触れたりなどして球がティーから落とされた場合、その球は罰なしに再度ティーアップできる。しかしながら、その際にティーから落ちた球に対しストロークをしたときは、その時に球が動いていたかどうかにかかわらず、そのストロークはカウントするが、罰はない
11-4 ティーインググラウンドの外からプレー
11-4 a マッチプレー
 あるホールのスタートでプレーヤーがティーインググラウンドの外からプレーした場合、相手はすぐにプレーヤーに対し、そのストロークを取り消してティーインググラウンド内から改めて罰なしに再プレーするよう要求することができる。
11-4 b ストロークプレー
 あるホールのスタートでティーインググラウンドの外からプレーした場合、競技者は、2打の罰を加えたティーインググラウンド内から改めてをプレーしなければならない。
 競技者が誤りを訂正しないで次のティーインググラウンドからストロークをしたときは(ラウンドの最終ホールでは、誤りを訂正する意思を宣言しないでパッティンググリーンを離れたときは)、競技失格となる
 競技者ティーインググラウンドの外からプレーしたストロークと、その後誤りを訂正するまでの間のストローク数は競技者のスコアに入れない。
11-5 間違ったティーインググラウンドからプレー
 規則11-4の規定を適用する。
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約