JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ROLEX
ゴルフ規則
目次 【第1章】エチケット 【第2章】用語の定義 【第3章】プレーについての規則 付属規則 アマチュア資格規則 2016年規則主要な変更点
第3章 プレーについての規則
◎ 球のプレーに関すること
規則15 取り替えられた球;誤球
定 義
 定義はゴシック体で表記され、第2章の用語の定義(P34~51参照)にアルファベット順に記載されている。
15-1 通 則
 プレーヤーはティーインググラウンドからプレーした球でホールアウトしなければならない。ただし、球が紛失したり、アウトオブバウンズとなった場合、球の取り替えが許されているかどうかにかかわらずプレーヤーが他の球に取り替えた場合(規則15-2参照)は除く。プレーヤーが誤球をプレーした場合については、規則15-3を参照。
15-2 取り替えられた球
 1ホールのプレーを終えるために他の球をプレーしたりドロップやプレースすることがプレーヤーに許される規則に基づいて処置する場合、プレーヤーは球を取り替えることができる。その場合、取り替えられた球インプレーの球となる。
 規則球を取り替えることが許されていないのにプレーヤーが球を取り替えた場合(誤球がプレーヤーによってドロップされたり、プレースされた場合の意図しない取り替えを含む)、取り替えられた球誤球ではなく、その球はインプレーの球となる。誤りが規則20-6の規定に従って訂正されずプレーヤーが間違って取り替えられた球ストロークしたときは、プレーヤーは該当する規則に基づいて、マッチプレーではそのホールの負け、ストロークプレーでは2打の罰を受け、ストロークプレーでは取り替えられた球でそのホールを終えなければならない。
例外:プレーヤーが誤所からストロークを行ったことに対する罰を受けた場合、規則で許されていないのに球を取り替えたことに対する追加の罰はない
(誤所からのプレー-規則20-7参照)
15-3 誤 球
15-3 a マッチプレー
 プレーヤーが誤球に対してストロークをした場合、プレーヤーはそのホールの負けとなる。
 誤球が他のプレーヤーの球であった場合、その球の持主は誤球のプレーが最初に起きた箇所にをプレースしなければならない。
 プレーヤーと相手が1ホールのプレー中に互いに球を間違えてプレーした場合は、誤球に対して先にストロークをした方がそのホールの負けとなる。プレーの前後が分からないときは、球を間違えたままでそのホールを終えなければならない。
例外:プレーヤーがウォーターハザード内の水の中で動いている誤球に対してストロークを行った場合は罰はないウォーターハザード内の水の中で動いている誤球に対して行われたストロークはプレーヤーのスコアに入れない。プレーヤーは正球をプレーするか、規則に基づいて処置することによって、誤りを訂正しなければならない。
(プレースとリプレース-規則20-3参照)
15-3 b ストロークプレー
 競技者誤球に対して1回または複数回のストロークをした場合、競技者2打の罰を受ける
 競技者は、正球をプレーするか、規則に基づいて処置することによって、誤りを訂正しなければならない。競技者が次のティーインググラウンドからストロークをする前に誤りを訂正しなかったときは(ラウンドの最終ホールでは、パッティンググリーンを離れる前に誤りを訂正する意思を宣言しなかったときは)、競技失格となる
 競技者により誤球でプレーされたストローク数は競技者のスコアに入れない。
 誤球が他の競技者の球であった場合、その球の持主は誤球のプレーが最初に起きた箇所にをプレースしなければならない。
例外:競技者ウォーターハザード内の水の中で動いている誤球に対してストロークを行った場合は罰はないウォーターハザード内の水の中で動いている誤球に対して行われたストローク競技者のスコアに入れない。
(プレースとリプレース-規則20-3参照)
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約