JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ROLEX
ゴルフ規則
目次 【第1章】エチケット 【第2章】用語の定義 【第3章】プレーについての規則 付属規則 アマチュア資格規則 2016年規則主要な変更点
第3章 プレーについての規則
◎ パッティンググリーン
規則17 旗竿
定 義
 定義はゴシック体で表記され、第2章の用語の定義(P34~51参照)にアルファベット順に記載されている。
17-1 旗竿の付き添い、取り除き、さし上げ
 コース上のどこであれ、ストロークする前に、プレーヤーは人を旗竿に付き添わせたり、旗竿を取り除かせたり、ホールの位置を示すためにさし上げさせることができる。
 プレーヤーがストロークする前に旗竿が付き添われたり、取り除かれたりさし上げられていなかった場合、旗竿に付き添ったり、取り除いたり、さし上げることが球の動きに影響を及ぼすかもしれないときは、ストローク中やプレーヤーの球が動いている間は、そのようなことをしてはならない。
注1:旗竿ホールの中に立っていて、ストロークしている間誰かがホールの近くに立っていた場合は、その人は旗竿に付き添っていたものとみなされる。
注2:ストロークをする前に誰かが旗竿に付き添ったり、取り除いたりさし上げているのをプレーヤーが知っていて止めなかった場合、プレーヤーはその行為を許可していたものとみなされる。
注3:ストロークをしている間に誰かが旗竿に付き添ったり、旗竿をさし上げていた場合、その人は球が止まるまで旗竿に付き添っていたものとみなされる。
(付き添われていた、取り除かれていた、さし上げられていた旗竿を、球が動いている間に動かすこと-規則24-1参照。)
17-2 無断の付き添い
 マッチプレーでは相手やそのキャディー、ストロークプレーでは同伴競技者やそのキャディーが、プレーヤーの許可なしに、またはプレーヤーの知らないうちに、ストローク中や球が動いている時に旗竿に付き添ったり、取り除いたり、さし上げた場合、そのような行為が球の動きに影響を与えるかもしれないときは、相手または同伴競技者該当する罰を受ける。
-----
*規則17-1、規則17-2の違反の罰は
 マッチプレーでは そのホールの負け
 ストロークプレーでは 2打
*なおストロークプレーの場合、規則17-2の違反が生じた後、競技者の球が旗竿または旗竿に付き添ったり旗竿を持っていた人やその人の持っていた物に当たったときは競技者には罰はなく、その球はあるがままの状態でプレーされなければならない。ただし、そのストロークパッティンググリーン上で行われていたときは、そのストロークを取り消した上、その球をリプレースして再プレーしなければならない。

-----
17-3 球が旗竿や、旗竿に付き添っている人に当たった場合
 プレーヤーの球は次のものに当たってはならない。
a.人が付き添ったり、取り除いたり、さし上げた旗竿
b.旗竿に付き添ったり、さし上げている人、またはその人が持っていた物
c.球がパッティンググリーン上でストロークされた場合で、ホールの中に立っていて人に付き添われていなかった旗竿
例外:プレーヤーの許可なしに付き添われていたり、取り除かれていたり、さし上げられていた旗竿-規則17-2参照
-----
規則17-3の違反の罰は
 マッチプレーでは そのホールの負け
 ストロークプレーでは 2打。その球はあるがままの状態でプレーしなければならない。
-----
17-4 旗竿に寄りかかっている球
 プレーヤーの球がホールの中の旗竿に寄りかかって止まっていてホールに入っいない場合、プレーヤーかプレーヤーの許可した人が、その旗竿を動かすか取り除くことができる。その際に球がホールに落ち込んだ場合、プレーヤーの球は最後のストロークホールに入ったものとみなされる。ホールに落ち込まなかった場合、球が動かされたときは、球は罰なしにホールのふちにプレースされなければならない。
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約