JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ROLEX
ゴルフ規則
目次 【第1章】エチケット 【第2章】用語の定義 【第3章】プレーについての規則 付属規則 アマチュア資格規則 2016年規則主要な変更点
第3章 プレーについての規則
◎ 救済とその処置
規則22 プレーの援助や妨げになる球
定 義
 定義はゴシック体で表記され、第2章の用語の定義(P34~51参照)にアルファベット順に記載されている。
22-1 プレーの援助になる球
 ある球が他のプレーヤーの援助になるかもしれないと考えた場合、プレーヤーは次のことをすることができる。ただし、球が動いている場合を除く。
a.その球が自分の球であれば、その球を拾い上げること。
b.自分の球でなければ、その球を拾い上げてもらうこと。
 規則22-1により拾い上げた球は、リプレースされなければならない(規則20-3参照)。球がパッティンググリーン上にある場合を除いて、その球はふいてはならない(規則21参照)。
 ストロークプレーでは、自分の球を拾い上げるように要求されたプレーヤーは、球を拾い上げずに先にプレーすることができる。
 ストロークプレーで、いかなる競技者の援助となるかもしれない球を拾い上げないことに競技者間で合意していたと委員会が判定した場合、合意した競技者全員競技失格となる。
注:他の球が動いているときは、その動いている球の動きに影響を及ぼすかもしれない球を拾い上げてはならない。
22-2 プレーの妨げとなる球
 他の球が自分のプレーの妨げになるかもしれないと考えた場合、プレーヤーはその球を拾い上げてもらうことができる。ただし、球が動いている場合を除く。
 規則22-2により拾い上げた球は、リプレースされなければならない(規則20-3参照)。球がパッティンググリーン上にある場合を除いて、その球はふいてはならない(規則21参照)。
 ストロークプレーでは、自分の球を拾い上げるように要求されたプレーヤーは、球を拾い上げずに先にプレーすることができる。
注1:パッティンググリーン上以外では、自分の球が他のプレーヤーのプレーの妨げになるかもしれないと考えただけでは、プレーヤーは自分の球を拾い上げることはできない。プレーヤーが球を拾い上げるように求められてもいないのに球を拾い上げた場合、そのプレーヤーは規則18-2の違反に対して1打の罰を受けるが、規則22による罰は追加する必要はない。
注2:他の球が動いているときは、その動いている球の動きに影響を及ぼすかもしれない球を拾い上げてはならない。
-----
規則22の違反の罰は
 マッチプレーでは そのホールの負け
 ストロークプレーでは 2打

-----
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約