JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ROLEX
ゴルフ規則
目次 【第1章】エチケット 【第2章】用語の定義 【第3章】プレーについての規則 付属規則 アマチュア資格規則 2016年規則主要な変更点
第3章 プレーについての規則
◎ 救済とその処置
規則25 異常なグラウンド状態、地面にくい込んでいる球、目的外のパッティンググリーン
定 義
 定義はゴシック体で表記され、第2章の用語の定義(P34~51参照)にアルファベット順に記載されている。
25-1 異常なグラウンド状態
25-1 a 障 害
 球が異常なグラウンド状態の所にあるかそれに触れている場合、または異常なグラウンド状態がプレーヤーのスタンスや意図するスイングの区域の妨げになる場合、異常なグラウンド状態による障害が生じたという。プレーヤーの球がパッティンググリーン上にある場合で、パッティンググリーン上の異常なグラウンド状態がプレーヤーのパットの線上にかかるときもまた、障害が生じている。それ以外のときは、異常なグラウンド状態プレーの線上にかかっていても、それだけでは規則25-1aにいう障害には当たらない。
注:委員会は、プレーヤーのスタンスに対する異常なグラウンド状態による障害は、それ自体はこの規則でいう障害とはみなされないというローカルルールを制定することができる。
25-1 b 救 済
 球がウォーターハザードラテラル・ウォーターハザード内にある場合を除き、プレーヤーは異常なグラウンド状態による障害から次の救済を受けることができる。救済を受ける場合には、
(i)スルーザグリーン
球がスルーザグリーンにあるときは、プレーヤーは罰なしその球を拾い上げて、(a)救済のニヤレストポイントから1クラブレングス以内で、(b)救済のニヤレストポイントよりもホールに近づかない所にその球をドロップしなければならない。救済のニヤレストポイントハザード内やパッティンググリーン上であってはならない。救済のニヤレストポイントから1クラブレングスの範囲内に球をドロップする際、球は異常なグラウンド状態による障害が避けられ、しかもハザード内でもパッティンググリーン上でもない所のコース上に直接落ちなければならない。
(ii)バンカー
球がバンカー内にあるときは、その球を拾い上げて次のどちらかの処置をとらなければならない。
(a)救済のニヤレストポイントバンカー内でなければならないという点と、球もそのバンカー内にドロップしなければならないという点を除き、他はすべて前記(i)に準じて罰なしにその球をドロップ。完全な救済が得られないようであれば、バンカー内のコース上で、その状態から最大限の救済を受けられ、ホールに近づかずに、しかも球のあった箇所にできるだけ近い所に、ドロップ。
(b)1打の罰のもとにホールと、球のあった箇所とを結んだ線上で、そのバンカーの外にその球をドロップ。この場合には、バンカーの後方であればいくら離れても距離に制限はない。
(iii)パッティンググリーン
球がパッティンググリーン上にあるときは、プレーヤーは罰なしにその球を拾い上げて、ハザード以外の所の救済のニヤレストポイントにその球をプレースしなければならない。完全な救済が得られないようであれば、その状態から最大限の救済を受けられ、しかもホールに近づかずに、ハザード以外の所で球のあった箇所にできるだけ近い所に、プレースしなければならない。救済のニヤレストポイントや最大限の救済を受けられる最も近い箇所はパッティンググリーンの外であってもよい。
(iv)ティーインググラウンド
球がティーインググラウンドの上にあるときは、プレーヤーは罰なしにその球を拾い上げて前記(i)に準じてドロップしなければならない。
 規則25-1bにより拾い上げた球はふくことができる。
(救済を受けた状態による障害のある場所に球が転がり戻った場合-規則20-2c(v)参照)
例外:次の場合には、プレーヤーは規則25-1bによる救済を受けることはできない。
(a)異常なグラウンド状態以外のものによる障害のためにストロークすることが明らかに無理な場合
(b)異常なグラウンド状態による障害が明らかに不合理なストローク、不必要に異常なスタンスやスイングやプレーの方向をとることによってだけ生じるような場合
注1:球がウォーターハザード(ラテラル・ウォーターハザードを含む)内にある場合、プレーヤーは、異常なグラウンド状態からの救済を受けることはできない。プレーヤーは、(ローカルルールによってそこからのプレーが禁止されていない限り)その球をあるがままの状態でプレーするか、または規則26-1によって処置しなければならない。
注2:規則25によりドロップやプレースを要する球がすぐには取り戻せない場合には、別の球に取り替えることができる。 
25-1 c 異常なグラウンド状態の中で見つからない球
 異常なグラウンド状態の方に向かっていった後で見つかっていない球がその異常なグラウンド状態の中にあるかどうかの判定は事実問題である。この規則を適用するためには、その球がその異常なグラウンド状態の中にあるということが分かっているか、ほぼ確実でなければならない。そのようなことが分かっていない、またはほぼ確実でない場合、プレーヤーは規則27-1に基づく処置をとらなければならない。
 見つかっていない球が異常なグラウンド状態の中にあることが分かっているか、ほぼ確実な場合、プレーヤーはこの規則に基づく救済を受けることができる。プレーヤーが救済を受けることを選択した場合は、その異常なグラウンド状態の最も外側の縁を球が最後に横切った地点が決められなければならない。この規則の適用に限って、球はこの地点にあったものとみなされ、プレーヤーは次の処置をしなければならない。
(i)スルーザグリーン
スルーザグリーンで球が異常なグラウンド状態の最も外側の縁を最後に横切って中に入ったときは、プレーヤーは罰なしに別の球に取り替え、規則25-1b(i)の救済を受けることができる。
(ii)バンカー
バンカー内で球が異常なグラウンド状態の最も外側の縁を最後に横切って中に入ったときは、プレーヤーは別の球に罰なしに取り替え、規則25-1b(ii)の救済を受けることができる。
(iii)ウォーターハザード(ラテラル・ウォーターハザードを含む)内
ウォーターハザード内で球が異常なグラウンド状態の最も外側の縁を最後に横切って中に入ったときは、プレーヤーは罰なしには救済を受けることはできない。プレーヤーは規則26-1により処置しなければならない。
(iv)パッティンググリーン
パッティンググリーン上で球が異常なグラウンド状態の最も外側の縁を最後に横切って中に入ったときは、プレーヤーは罰なしに別の球に取り替え、規則25-1b(iii)の救済を受けることができる。
25-2 地面にくい込んでいる球
 プレーヤーの球がスルーザグリーンの、芝草を短く刈ってある区域にくい込んだときは、その球は罰なしに拾い上げてふき、ホールに近づかず、しかも球のあった箇所にできるだけ近い所にドロップすることができる。ドロップの際、球はスルーザグリーンコース上に直接落ちなければならない。
注1:「くい込んだ」とは、球が自らのピッチマークの中に入り、球の一部が地表面の下にある場合をいう。球は必ずしも土壌に触れている必要はない(例えば、草やルースインペディメントなどが球と土壌の間に介在することがある)。
2:「芝草を短く刈ってある区域」とは、フェアウェイの芝の長さかそれより短く刈ってあるコース上のすべての区域(ラフを通り抜ける通路を含む)をいう。
注3:委員会は付属規則Ⅰに規定されている通り、スルーザグリーンのどこででも球がくい込んだ場合にプレーヤーに罰なしに救済を認めるローカルルールを採用することができる。
25-3 目的外のパッティンググリーン
25-3 a 障 害
 球が目的外のパッティンググリーン上にある場合、目的外のパッティンググリーンによる障害が生じたという。プレーヤーのスタンスや意図するスイングの区域が妨げられても、それだけでは規則25-3にいう障害には当たらない。
25-3 b 救 済
 プレーヤーの球が目的外のパッティンググリーン上にある場合、プレーヤーは球をあるがままの状態でプレーしてはならない。プレーヤーは、罰なしに、次の救済を受けなければならない。
 プレーヤーは球を拾い上げて、(a)救済のニヤレストポイントから1クラブレングス以内で、(b)救済のニヤレストポイントよりもホールに近づかない所にその球をドロップしなければならない。救済のニヤレストポイントハザード内やパッティンググリーン上であってはならない。救済のニヤレストポイントから1クラブレングスの範囲内に球をドロップする際、球は目的外のパッティンググリーンによる障害が避けられ、しかもハザード内でもパッティンググリーン上でもない所のコース上に直接落ちなければならない。
 規則25-3により拾い上げた場合、球はふくことができる。
-----
規則25の違反の罰は
 マッチプレーでは そのホールの負け
 ストロークプレーでは 2打

-----
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約