JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ROLEX
ゴルフ規則
目次 【第1章】エチケット 【第2章】用語の定義 【第3章】プレーについての規則 付属規則 アマチュア資格規則 2016年規則主要な変更点
第3章 プレーについての規則
◎ 競技の運営管理
規則33 委員会
定 義
 定義はゴシック体で表記され、第2章の用語の定義(P34~51参照)にアルファベット順に記載されている。
33-1 競技規定;規則の適用排除
 委員会は、それに基づいて競技がプレーされる競技規定を作らなければならない。
 委員会は、ゴルフ規則の適用を排除する権限を持たない。
 正規のラウンドのホール数は一旦そのラウンドのためのプレーが開始されたら減らしてはならない。
 ストロークプレーについての幾つかの規則はマッチプレーの規則と本質的に違うので、両方を同時にプレーすることはできず、また許されない。そのような状況でプレーされたマッチの結果は無効であり、ストロークプレー競技では、関係競技者は競技失格となる。
 ストロークプレーでは、委員会レフェリーの任務を制限することができる。
33-2 コース
33-2 a 境界と限界の明確化
 委員会は、次のものを正確に定めなければならない。
(i)コースアウトオブバウンズ
(ii)ウォーターハザードラテラル・ウォーターハザードの限界
(iii)修理地
(iv)障害物コースと不可分の部分
33-2 b 新しいホール
 ストローク競技の開始日と、その他にも委員会が必要と認めた時に、新しくホールを設けるべきである。ただし、新しいホールを設ける場合は、全競技者が1ラウンドを、各ホールとも、同じ位置のホールでプレーできるようにすることを条件とする。
例外:ホールの損傷状態がホールの定義に適合するように修理することができないぐらいひどい場合には、委員会はそのホールの近くで似たような状態の場所に新しいホールを設けることができる。
注:シングルラウンド競技が数日にわたって行われる場合、委員会は、競技の条件(規則33-1)の中で、ホールティーインググラウンドの位置を競技期間中各日変えることができると規定することができる。ただし、同じ日にプレーする競技者が各ホールともみな同じ位置のホール、同じ位置のティーインググラウンドでプレーできることを条件とする。
33-2 c 練習場
 競技が行われるコースの外側に使用できる練習場がない場合、委員会は、もし可能であれば、競技の行われる日にプレーヤーが練習できる場所を設けておくべきである。ストローク競技の行われる日には、委員会は競技の行われるコースパッティンググリーン上やパッティンググリーンに向けての練習、およびハザード内での練習を、一般的には、許すべきでない。
33-2 d プレー不能のコース状態
 委員会委員会より権限を与えられた人が、なんらかの理由で、コースがプレーできる状態でないとか、ゴルフゲーム本来のプレーが不可能な状況であると考える場合、委員会は次の措置をとることができる。
●マッチプレーではプレーの中断を命じること。
●ストロークプレーではプレーの中断を命じるか、そのラウンドのプレーを無効としてスコアを全部取り消すこと。
 ラウンドが取り消しとなったときは、そのラウンドで受けたすべての罰も取り消しとなる。
(プレー中断の場合と再開の場合の処置-規則6-8参照)
33-3 スタート時間と組み合わせ
 委員会はスタート時間表を作り、また、ストロークプレーでは、一緒にプレーしなければならない競技者の組み合わせを決めなければならない。
 マッチプレー競技が長期間にわたって行われる場合、委員会は各ラウンドについて済ませなければならない日限を決める。なお、日限内でマッチを行う日をプレーヤー間で取り決めることが認められる場合には、委員会は、日限前のプレーについてプレーヤー間で合意できなかったときは日限の最終日の指定時間にマッチを行わなければならないことを、前もって知らせておくべきである。
33-4 ハンディキャップストローク表
 委員会は、ハンディキャップストロークを与えたり受けるべきホールの順番を示す表を公表しなければならない。
33-5 スコアカード
 ストロークプレーでは、委員会は日付と競技者の名前(フォアサムフォアボールのストロークプレーでは、同じサイド競技者2人の名前)が記入されているスコアカードを各競技者に用意しなければならない。
 ストロークプレーでは、委員会は次のことについて責任がある。
●各ホールのスコアの加算
●スコアカードに記入されているハンディキャップの適用
 フォアボール・ストロークプレーでは、委員会は次のことについて責任がある。
●スコアカードに記入されているハンディキャップを適用した上、ホールごとに良い方のスコアを記録すること
●ホールごとの良い方のスコアの加算
 ボギー競技とパー競技、ステーブルフォード競技では、委員会は次のことについて責任がある。
●スコアカードに記入されているハンディキャップの適用
●各ホールの勝ち負けや得点の判定
●ラウンドを通じての勝ち(負け)ホール数や合計得点の算出
注:委員会は各競技者に日付と自分の名前をスコアカードに記入するように要求することができる。
33-6 タイの決定
 委員会は、ハンディキャップ競技であるかどうかにかかわらず、ハーフのマッチやストロークプレーでのタイの順位を決定する方法と実施の日時を、前もって知らせておかなければならない。
 ハーフのマッチをストロークプレーで勝敗を決めたり、ストロークプレーでのタイをマッチで順位を決めてはならない。
33-7 競技失格の罰;委員会の自由裁量権
 委員会は、正当な措置と判断したときは、例外的な事例に限って、個々に、競技失格の罰を免除したり修正することができ、また逆に、競技失格とする規則がなくても競技失格の罰を課すこともできる。
 競技失格の罰よりも軽い罰は、どのような場合も免除したり修正してはならない。
 委員会はプレーヤーがエチケットの重大な違反に当たると考えた場合、規則33-7に基づいて競技失格の罰を課すことができる。
33-8 ローカルルール
33-8 a 制定の方針
 委員会は、付属規則Ⅰに示す方針と矛盾しないものであれば、地域的な異常な状態に対応するためローカルルールを作ることができる。
33-8 b 規則の無視や修正
 ローカルルールによりゴルフ規則を無視したりしてはならない。地域的な異常な状態があって、ゴルフ規則の修正ともなるようなローカルルールを作ることを必要とするほどに、ゴルフゲーム本来のプレーに支障をきたしていると委員会が考えるときは、委員会はそのローカルルールの制定につきR&Aの承認を受けなければならない。
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約