JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ROLEX
ゴルフ規則
目次 【第1章】エチケット 【第2章】用語の定義 【第3章】プレーについての規則 付属規則 アマチュア資格規則 2016年規則主要な変更点
第3章 プレーについての規則
◎ 競技の運営管理
規則34 紛議と裁定
定 義
 定義はゴシック体で表記され、第2章の用語の定義(P34~51参照)にアルファベット順に記載されている。
34-1 クレームと罰
34-1 a マッチプレー
 規則2-5に基づいてクレームが出された場合、委員会は、必要であればマッチの状態を調整できるように、できるだけ早く裁定を下すべきである。
 そのクレームが規則2-5に従ってなされたものでない場合、委員会はそれを受理してはならない。
 規則1-3の違反に対する競技失格の罰の適用については、時限はない。
34-1 b ストロークプレー
 ストロークプレーでは、競技が終わった後は、どのような罰も取り下げたり修正してはならず、また課してもならない。競技は競技の結果が公式に発表された時(マッチプレーに進む人を選ぶストロークプレーによる予選ラウンドでは、そのプレーヤーが最初のマッチでティーオフした時)をもって終わる。
例外:次の場合には、競技が終わった後でも、競技失格の罰が課されなければならない。
(i)競技者に規則1-3(規則を無視することの合意)の違反があった場合。
(ii)スコアカードを提出したが、それに記入されたハンディキャップが競技者の正しいハンディキャップよりも多いことを、本人は競技の終わる前に知っており、しかもそのために競技者の受けたハンディキャップストローク数に影響があった場合(規則6-2b)。
(iii)競技者の申告したスコアが、どのような理由であれ、1ホールでも真実のスコアより少なかった場合(規則6-6d)。ただし、罰を受けていたことを競技が終わる前には知らなかったために、その1打または複数の罰打をスコアに加えなかったことが理由であるときを除く。
(iv)前記の規則1-3、規則6-2b、規則6-6d以外で、罰が競技失格となっている規則に違反していたことを、競技者が競技の終わる前に知っていた場合。
34-2 レフェリーの裁定
 委員会より委嘱をうけているレフェリーの裁定は最終である。
34-3 委員会の裁定
 レフェリーを委嘱していない場合は、規則に関してどのような疑問点や争点も委員会に意見を求めなければならず、委員会の裁定は最終である。
 委員会が裁定を出せないときは、委員会はその疑問点や争点をR&Aゴルフルール委員会(日本では、日本ゴルフ協会の規則委員会(以下「JGA規則委員会」という))に照会することができる。JGA規則委員会の裁定は、最終である。
 疑問点や争点について委員会よりJGA規則委員会へ照会されていなかった場合、プレーヤーは関係当事者の同意を得た供述書を、ゴルフ倶楽部(以下「倶楽部」という)の代表者を通じ、JGA規則委員会に送り、委員会の裁定の正誤につきJGA規則委員会の意見を求めることができる。その回答は当該倶楽部(または関係各倶楽部)の代表者宛に送られる。
 プレーがゴルフ規則に従って行われたものでない場合には、JGA規則委員会はどのような質問にも裁定を与えない。
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約