JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ROLEX
ゴルフ規則
目次 【第1章】エチケット 【第2章】用語の定義 【第3章】プレーについての規則 付属規則 アマチュア資格規則 2016年規則主要な変更点
アマチュア資格規則
規則2 プロフェッショナリズム
2-1 通 則
 アマチュアゴルファーはプロフェッショナルゴルファーとして行動をしたり、自らをプロフェッショナルゴルファーと名乗ったりしてはならない。この規則を適用する場合、プロフェッショナルゴルファーとは次の人をいう。
●自分の職業としてゲームをプレーする人
●プロフェッショナルゴルファーとして働く人
●プロフェッショナルとしてゴルフ競技に参加する人
●プロフェッショナルゴルフ協会(PGA)の会員資格を持つ人
●プロフェッショナルゴルファーにだけ限定したプロフェッショナルツアーの会員資格を持つ人
例外:アマチュアゴルファーは、ある種のPGAの会員資格を持つことができる。ただし、その会員種別がプレーの権利を与えるものではなく、単に管理目的のためであることを条件とする。
注1:アマチュアゴルファーは、他の点で規則に触れるようなことをしていなければ、結果としてプロフェッショナルゴルファーの地位を獲得できなかったとしても、プロフェッショナルゴルファーとしての自分の可能性を試すことができる。また、ゴルフショップで働いて給料や報酬を受け取ることができる。
注2:アマチュアゴルファーは、プロフェッショナルツアーのメンバーの資格を得るために、または複数のクオリファイング競技で競技しなければならない場合、プレーの前にその競技で賞金を受け取る権利を文書で放棄しておくことを条件にアマチュア資格を喪失することなくそうしたクオリファイング競技に申し込み、プレーすることができる。 
2-2 契約と合意
 
2-2 a 国のゴルフ協会や連盟
 アマチュアゴルファーは、自国のゴルフ連盟や協会と契約や合意を締結することができる。ただし、規則に規定されている場合を除き、アマチュアゴルファーである間は直接的にも間接的にも報酬その他いかなる金銭的利益も得てはならないことを条件とする。 
2-2 b プロフェッショナル・エイジェント、スポンサーや第三者
 アマチュアゴルファーは第三者(プロフェッショナル・エイジェントやスポンサーに限定されない)と契約や合意を締結することができるが、以下のことを条件とする。
(i)ゴルファーが18歳以上であること。
(ii)その契約や合意が単にそのゴルファーのプロフェッショナルゴルファーとしての将来に関するものであり、特定のアマチュアイベントやプロフェッショナルイベントでアマチュアゴルファーとしてプレーすることを条件として要求するものでないこと。
(iii)規則で別途規定されている場合を除き、そのアマチュアゴルファーはアマチュアである間は直接的にも間接的にも報酬その他いかなる金銭的利益を受けないこと。
例外:特殊な個々の状況において、18歳未満のアマチュアゴルファーは、契約を締結することの許可を統轄団体に申請することができる。ただし、その契約は12ヶ月以下の期間で更新のないものであることを条件とする。
注1:アマチュアゴルファー規則に従うことを確実にするためにいかなる第三者との契約や合意に署名する前に統轄団体に相談することが勧められる。
注2:アマチュアゴルファーが教育機関のゴルフ奨学金を受ける場合(規則6-5)、あるいは将来そのような奨学金を申し込む場合、いかなる第三者機関との契約や合意が適切な奨学金基準に基づく正当なものであることを確実にするために、そのような奨学金を管理する国の団体や関連する教育団体に相談することが勧められる。
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約