JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
出版物のご案内
ROLEX
ゴルフ規則
目次 【第1章】エチケット 【第2章】用語の定義 【第3章】プレーについての規則 付属規則 アマチュア資格規則 2016年規則主要な変更点
アマチュア資格規則
規則4 費 用
4-1 通 則
 規則で規定されている場合を除き、アマチュアゴルファーはゴルフ競技やエキシビションでプレーするための費用を誰からであろうと、現金その他で受け取ってはならない。
4-2 競技費用の受領
 アマチュアゴルファーは、この規則のa項からg項に規定されている場合は、ゴルフ競技やエキシビションをプレーするために、実際に要した費用を超えない合理的な競技費用を受け取ることができる。
 アマチュアゴルファーが教育機関のゴルフ奨学金を受ける場合(規則6-5)、あるいは将来そのような奨学金を申し込む場合、すべての競技費用が該当する奨学金基準に基づく正当なものであることを確実にするためにそのような奨学金を管理する国の団体や関連する教育団体に相談することが勧められる。
4-2 a 家族による援助
 アマチュアゴルファーは家族や法的保護者より費用を受け取ることができる。
4-2 b ジュニアゴルファー
 ジュニアゴルファージュニアゴルファーのみに限定された競技に出場する場合の費用を受け取ることができる。
注:競技がジュニアゴルファーのみに限定されていない場合、ジュニアゴルファーは規則4-2cの規定に基づいてその競技で競技する費用を受け取ることができる。
4-2 c 個人競技
 アマチュアゴルファーは次の条件を満たしていれば、個人競技に参加するための費用を受け取ることができる。
(i)競技がプレーヤーの自国で行われる場合、その費用はそのプレーヤーの国、地区、都道府県のゴルフ連盟や協会によって承認され、支払われなければならない。あるいはそのような団体の承認があれば、そのプレーヤーのゴルフ倶楽部により支払われることができる。
(ii)競技が他の国で行われる場合、その費用はプレーヤーの国、地区、県のゴルフ連盟か協会によって承認され、支払われなければならない。あるいはプレーヤーの国の連盟や協会の承認に基づいて、プレーヤーが競技に参加している地域のゴルフを統轄している団体によって支払われなければならない。
 統轄団体は費用の受け取りを1暦年につき特定の競技日数に制限することができ、アマチュアゴルファーはその制限を超えて費用を受け取ってはならない。この場合、費用は競技日数に関連する妥当な移動日と練習日の日数を含むものとする。
例外:アマチュアゴルファーは直接的であろうと間接的であろうと、プロフェッショナルゴルファーのエイジェント(規則2-2参照)あるいは統轄団体によって決定されるであろういかなる他の類似の団体から費用を受け取ってはならない。
注:規則に規定されている場合を除き、ゴルフの手腕や名声のあるアマチュアは費用の出所について宣伝や広告をしてはならない(規則6-2参照)。 
4-2 d ティーム競技
 アマチュアゴルファーはティーム競技、練習会、合宿に次の代表として参加する場合に費用を受け取ることができる。
●国
●都道府県、地区のゴルフ連盟、協会
●ゴルフ倶楽部
●事業、産業
●類似の団体
注1:類似の団体には公的教育機関や軍隊を含む。
注2:規則に規定されている場合を除き、費用はアマチュアゴルファーが代表となっている団体や競技に参加している国のゴルフ統轄団体によって支払われなければならない。
4-2 e ゴルフの手腕に関係のない招待
 ゴルフの手腕に関係のない理由(例:著名人、仕事関係者や企業顧客)によりゴルフへの参加の招待を受けたアマチュアゴルファーは費用を受け取ることができる。
4-2 f エキシビション
 公的慈善団体を援助するためのエキシビションに参加する場合、アマチュアゴルファーは参加費用を受け取ることができる。ただし、そのエキシビションがそのプレーヤーが競技する他のゴルフイベントとは関係なく、単独で実施されていることを条件とする。
4-2 g スポンサー付ハンディキャップ競技
 アマチュアゴルファーはスポンサー付ハンディキャップ競技に参加する際に費用を受け取ることができるが、その競技については次のことが承認されていることが条件である。
(i)競技がプレーヤーの自国で行われる場合、スポンサーは毎年、統轄団体の事前承認を先ず受けなければならない。
(ii)競技が複数の国にまたがって行われる場合や、他国のプレーヤーが参加する場合は、スポンサーは各統轄団体の事前承認を先ず受けなければならない。この承認の申請は競技が開始される国の統轄団体に送付されなければならない。
4-3 ゴルフ関連費用
 アマチュアゴルファーは、競技ではないゴルフ関連活動のために、実費を超えない合理的な費用を受け取ることができる。
例外:アマチュアゴルファーは、直接的であろうと間接的であろうと、プロフェッショナル・エイジェント(規則2-2参照)や、統括団体によって決定される他の類似の団体から費用を受け取ってはならない。
注:規則に規定されている場合を除き、ゴルフの手腕や名声のあるアマチュアは費用の出所について宣伝や広告をしてはならない(規則6-2参照)。
4-4 生計費
 アマチュアゴルファーは、生活費を補助するために、実際に負担された費用を超えない範囲内で妥当な生計費を受け取ることができる。ただし、その費用はプレーヤーの国のゴルフ連盟や協会によって承認されかつ支払われなければならない。そのような生計費が必要か、または適切かどうかの決定に際し、その費用の承認の唯一の裁量権を持つその国のゴルフ協会や連盟は、様々な要因の中で特に該当する社会的、経済的状況を考慮する必要がある。
例外:アマチュアゴルファーは、直接的であろうと間接的であろうと、プロフェッショナル・エイジェント(規則2-2参照)や、統轄団体によって決定される他の類似の団体から生計費を受け取ってはならない。
ページトップ
●サイトマップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約