JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【日本アマチャンピオンの甲斐が堂々のゴルフで首位スタート】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
昨日の練習ラウンドからボギー無しと好調なゴルフを見せていた甲斐。この日もスタートの1番パー5から50センチメートルのバーディーパットを沈めると一気に波に乗り、5番(パー4)でまたもセカンドショットを50センチメートルにつけてバーディーを奪った。圧巻は8番544ヤードのパー5。3番ウッドで打った2打目は惜しくもカラーに外したものの、15メートルのイーグルパットをねじ込み、出場選手唯一のイーグルを決めて、前半を4アンダーパー33(パー37)で折り返した。気温が上がった後半は、集中力を切らしがちになり、惜しいバーディーパットが決まらず、16番までパーを続けたが、17番で6メートル、18番では3メートルのバーディーパットを入れる連続バーディーで締めくくった。「練習ラウンドが好調だっただけに、今日のスタートは不安な気持ちもありましたが、一打一打を大切にプレーすることが出来ました」と満足げに話す甲斐の目には、日本学生ゴルフ選手権の初優勝しか見えていない。本選手権終了後、翌週には日本代表としてノムラカップアジア太平洋アマチュアゴルフチーム選手権も控えている。このまま好調を維持すれば、国際舞台での活躍も十分期待できる。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約