JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Sports Festival/Sports Masters Japan
[ 国民体育大会・
日本スポーツマスターズ ]
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
競技概要
国民体育大会・日本スポーツマスターズ日程
Championship Reports
競技報告
団体戦 男子は茨城県、女子は新潟県が優勝
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
男子団体優勝 茨城県チーム
左から田山、後藤、入野
広島県福山市の松永カントリークラブ(男子)と新市クラシックゴルフクラブ(女子)の2会場で行われていた 『日本スポーツマスターズ2006 広島大会 ゴルフ競技』が終了した。

団体戦は、男子が茨城県、女子は新潟県が優勝した。個人戦は、男子は田山節夫(広島)、女子は田村幸子(新潟)が優勝した。

【男子】
 団体は、前日トップの茨城県が2位に5打差のチームトータル299で優勝。2位には、チームトータル304で新潟、石川、香川の3県が並んだ。
 個人は、田山節夫(広島)が、前日トップの入野康昭(茨城)をかわし、トータル144で優勝した。2位には、2打差の146で 入野康昭(茨城)、後
女子個人優勝 田村幸子
藤高成(香川)が並んだ。


【女子】
 団体は、個人戦優勝の田村幸子が牽引した新潟県が、チームトータル315で優勝。2位には、3打差で北海道、東京が並んだ。初日トップの岡山県は4位。
 個人は、2日間安定したプレーを見せた田村幸子(新潟)がトータル147で優勝。2位にはトータル149で松村知恵子(宮崎)、3位にはトータル152で小坂順子(東京)がつづいた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約