JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
2007年度 JGA主催オープン競技
大会のみどころはこちら
Championship Reports
競技報告
【大槻は-1で5位タイにつける】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
昨年大会で3位入賞の大槻智春(鹿島学園高3年)は、1イーグル・3バーディー・4ボギーの70でホールアウト。首位と2打差の5位タイで第1ラウンドを終えた。10番スタートの大槻は、前半パットがきまらず2ボギーと苦しい展開。後半に入っても1、3番でボギーを叩き、一時4オーバーパーまでスコアを落とす。そして迎えた5番。「このホールでバーディーが獲れないと、きついかな」と思った大槻は、気合いを入れ直してティショットをフェアウェーに。ピンまで270ヤードの2打目は、3番ウッドを手にし、「会心の当たり」という自画自賛のショットでピン2メートルに2オン。絶好のイーグルチャンスこそ逃したが、バーディーを奪って、
流れを引き寄せた。続く6番で3メートル、8番では2打目をミスしたものの、12メートルのアプローチを直接決めてチップインバーディー。

圧巻は9番。2打目をガードバンカーに打ち込んだ大槻は、13ヤードのバンカーショットを直接放り込むチップインイーグル。後半5ホールで5アンダーパーと、前半の不調を一気に取り返して見せた。「今日は5番のバーディーが大きかった。自分はバーディーを獲ると波に乗れるタイプなので。試合が続いているので、正直、疲れはありますが、それはみんなとおなじ条件。昨年は、悔しい思いをしているので、今年こそ頑張りたい」とリベンジを期している。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約