JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
2007年度 JGA主催オープン競技
大会のみどころはこちら
Championship Information
競技概要 更新 08/16 16:23
2007年度(第13回)日本ジュニアゴルフ選手権競技 男子15歳〜17歳の部
沿革・歴史
日本ジュニアゴルフ選手権は1957年(昭和32年)週刊ゴルフの主催で全日本ジュニアゴルフ選手権として創始された。1968年(昭和43年)、この大会を引き継ぐ形で主催者がスポーツニッポン新聞社に変わり、翌年には女子の競技が登場した。2年後はスポニチ、全日本学生ゴルフ連盟の共催、JGA後援の競技となった。1976年に中学の部が新設されて男子は36ホール、女子は18ホール、中学生は27ホールの競技でそれぞれ優勝が争われた。1981年はスポニチ、全日本ジュニア・ゴルフ選手権実行委員会の共催で開かれ、翌年JGA、スポニチ、全国高等学校ゴルフ連盟の3者共催となり、大会名は日本ジュニア・ゴルフ選手権となった。1983年から2日間の大会となり、1987年から3日間で競技が行われた。
1995年(平成7)にはJGAの単独主催となり、男子15~17歳(54ホール)、女子15~17歳(36ホール)、男子12~14歳(36ホール)、女子12~14歳(36ホール)の年齢別4部門となった。2010年(平成22)からすべての部門が54ホールで争われるようになった。
2010年、日本オリンピック委員会より、「JOCジュニアオリンピックカップ大会」の認定を受けた。
開催期間 2007/08/15~2007/08/17
開催コース 霞ヶ関カンツリー倶楽部   東コース
主催 (財)日本ゴルフ協会
後援 文部科学省、(財)地域活性化センター、スポーツニッポン新聞社、全国高等学校ゴルフ連盟
JGAオフィシャルスポンサー NEC
主管 川越市スポーツ拠点づくり実行委員会
競技委員長 野村 惇
競技規定 競技規定PDFダウンロード
参加申込期間 ~2007/08/08
※詳細は競技規定をご確認ください。
賞・賞状 優勝者:JGA杯、文部科学大臣杯、文部科学大臣賞状
第2位、第3位:銀皿
プレーの条件 54Hストロークプレー
カットラウンド 第2ラウンド
上位カットライン 上位60位タイ

Get Adobe Reader PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。
Adobe® Reader® ダウンロード
Adobe® Reader®のロゴマークは Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の登録商標です。
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約