JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【ベストスコアの67をマークした亀井が4位に】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
昨日まで通算1オーバーパーと苦しんでいた亀井美博(東北福祉大学4年)が、7バーディー・1ダブルボギー67のベストスコアをマーク。通算4アンダーパーにスコアを伸ばし、16位タイから4位に順位を上げて、明日の最終ラウンドに臨む。

「ショットが荒れた」という亀井は3番で3メートルのバーディーパットを決めるも、5番でティーショットを林に打ち込むミスでダブルボギーを叩く。前半は8番でバーディーを奪い、イーブンパーで後半に入ると、「パッティングに助けられている」と振り返るとおり、12番で6メートル、14番で3メートルのバーディーパットを決めて見せた。圧巻は15番。2打目をグリーン奥のバンカーに打ち込んだ亀井は、ピンまで20ヤードのこのショットを直接放り込むチップインバーディー。「あのバンカーからチップインなんて…まぐれですけど。正直、気持ちも波に乗れた」17番で1.5メートル、18番では8メートルを決めて、7バーディーを奪った。

亀井は2002年の日本ジュニア男子12~14歳の部に優勝しているが、その後、全国大会の優勝から遠ざかっている。久しぶりのチャンスに、「最終学年だし、残り1日頑張るしかありません」と、気合を入れなおす。「この3日間、毎日ダブルボギーを1つずつ叩いている。ゴルフに“たら・れば”は禁物だけど、これがなければという気持ち」と3日間、江戸崎CCを攻略しきれていないもどかしさを見せる。「明日こそはダブルボギーを叩かないように。首位とは5打差もあるので、最終ラウンドは攻めていきます」と、力強く語った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約