2009年度(第42回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【心のスキ? 福嶋晃子と山崎百代にもったいないミス】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi 渡辺義孝
山崎百代
4アンダーパーで4位タイのスタートを切った福嶋晃子山崎百代は、思いがけないミスでスコアをロスしていた。福嶋は9番ホールだった。10番からのスタートで17ホール目の8番を終えたところまで6アンダーパーまでスコアを伸ばしていた。9番ティーインググラウンドに立ったとき「練習ラウンドしたはずなのに、ホール状況を思い出せなかった」そうで、左に打ち出した。「てっきり、その方向がフェアウェイだと思ってしまって…」。実際は、ラフのまっただ中。「後でキャディに聞くと“左を向いて、得意のフェードボールを打つつもりだなと思った”と言っていました。二人で勘違いしていました」左ラフから右ラフへ。そして3オンのあとは3
福嶋晃子
パットのダブルボギー。貯金を2打も失ってしまった。

一方の山崎は、ひたすらフェアウェイをキープする丁寧なプレーを続け、14番パー4ホールを4アンダーパーで迎えた。ティアップしようとすると、キャディから慌てた様子の声が…。
「そこ、違います。後ろです、後ろ!」 使用ティーインググラウンドを間違えていた。照れ臭そうに後方のティーインググラウンドにティアップのやり直し。

「でも、あれで動揺してしまって、大ミスショットをやってしまいました」
この後、17番パー5のバーディーで、14番のポカを取り戻して再び4アンダーパーに。「あのポカが最終ホールじゃなかったのだけが救いでした。気持ちを切り替えることができましたから」こんなミスがあっても4アンダーパーの4位タイグループ。好スタートで精神的ダメージは受けずに済んだようだ。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約