2009年度(第42回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【光る15番イーグル イム・ウナと鬼沢信子】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi 渡辺義孝
イム ウナ
地形を生かした我孫子ゴルフ倶楽部を象徴するような15番パー5ホールで第1ラウンドに2イーグルが生まれた。イム・ウナ鬼沢信子がマークしたものだ。イムは谷越えの第2打(ピンまで231ヤード)を3番ウッドで4メートルに2オン。これをねじこんでのイーグルだった。4アンダーパーの4位タイに「この大会は、特別なんです。日本のメジャー大会ということもありますが、もうひとつ頑張りたい理由があります。来週までに、日韓戦の代表が決まるのです。日本ツアーからは3人選ばれることになっています。その中に入りたいので、できれば優勝まで狙いたい」

鬼沢は、3打目のアプローチショットをカップに沈めてのイーグルだった。
鬼沢信子
この15番と1番は、2オンを狙えるパー5。スコアメイクのカギを握るホールでもある。鬼沢も、イーグルがきいて2アンダーパー、9位タイと好位置につけた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約