2009年度(第42回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【アドレスの明暗 馬場ゆかりと諸見里しのぶ】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi 渡辺義孝
馬場ゆかり
諸見里しのぶ
アドレスで同じ悩みを抱えていた馬場ゆかりと諸見里しのぶが、好対照のスタートを切った。同じ悩みというのは、「構えたときに、どこを向いているのかわからなくなって、気持ちよくスウィングできない状態」(両選手)だった。ともに先週のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで、その症状を訴えていた。特に深刻だったのは馬場で「ドライバーショットはフェアウェイにいかず、アイアンショットはグリーンに乗らず。バラバラになってしまって、大荒れでした」。だから「日本女子オープンには、なんとか修正しようとキャディと一緒に1球ずつ後方からチェックして、なおかつクラブを足元に置いて、体の向きと、自分の感覚を合わせることに専念
諸見里しのぶ
しました」

第1ラウンド。スタートの1番パー5ホールで左ドッグレッグのコーナーをショートカット。残り210ヤードを5番ウッドで2オンに成功した。

「アドレスするまでは不安でしたが、狙いを決めてからは、自分は絶対に正しいセットアップをしているんだ、と言い聞かせてスウィングしました。それで、狙い通りのバーディーがとれたので、いきなり気持ちが楽になりました。自信も取り戻せました」

3番パー5ホールでも7メートルを沈めてアウトは34。10番にターンしてもボギーは12番(パー3)だけで4バーディーを加えて5アンダーパーと2位タイのスタートを切った。圧巻は15番パー5だった。ホールを谷が分断している名物ホールである。馬場はティショットを5番ウッドで谷の手前に止め、そこから3番ウッドで2オンしてのバーディーだった。ショットメイカーが持ち前のコントロール性を取り戻した証でもあった。

一方の諸見里は、「ずっと不安を抱えたままでした。特に、距離を出したいパー5ホールでは、スムーズにスウィングできなくて、ショットを曲げてしまいました。一時は2アンダーパーまでいったのですが、そこから2ボギーは、もったいなかったなあ…と思います。急いで練習場にいってアドレスをチェックします」

4ホールあるパー5で3バーディーの馬場。2ボギーの諸見里。先に不安を解消させた馬場が、大きく先行した。パープレーにとどまった諸見里は「でも…」と気を取り直して「明日からは、ガンガンいけそうです。そんな気がしています。コンディションのよい朝のスタートですから、ビッグスコアを出します。みなさん、思っていた以上にスコアを伸ばしているので、一歩一歩追いかけるなんて言っていられないと思います。追いかけます」

メジャー大会3勝目(今シーズン7勝目)に、早くも目の色がかわってきた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約