2009年度(第42回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【10代最後の日本女子オープン。宮里美香が1打差2位タイに】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Gary Kobayashi 渡辺義孝
宮里藍上田桃子、そして宮里美香という米女子ツアーを転戦する3選手が、一堂に会して、日本女子オープンのタイトルに向けてスタートした。

そのひとり、宮里美香は、ずっと米女子ツアーで、パッティングに苦しんでいた。
「いいストロークができているのに、自分の読みが合っていないで入らないのか、合っていても入らないのか。とても混乱してしまって、最後はフラストレーションがたまって、イライラしている自分しか残っていなかった」

ちょうど全英女子オープンが終わった頃から、18ホールで30パットを切ったという記憶がないほど不調だった。スポーツ心理学の先生にも相談したという。最後は、自分自身の心の問題だ
と言われた。グリーンの微妙なアンジュレーション、転戦するコースのグリーンは、気候や芝の種類、育ち方が大きく違う。そんな環境の変化を日々繰り返しているうちに、自分の尺度、軸線を見失いがちなのが米女子ツアーである。宮里美香は、その戸惑いと悩みの渦の中で、どうしたらいいのか解らなかったという。「ですから、今日は久しぶりの20台なんですよ」と、嬉しいというよりは、安堵したという表情で語った。

1番ホールからのスタート。479ヤード、パー5で3打目を1メートルにつけて、幸先の良いバーディー。「グリーンも(コースの雰囲気も、環境が)なにもかも違うので、逆にストロークに集中できました」という。いいパッティングしているのに入らないという(先入観的)気持ちを切り替えるには絶好の環境の変化だったわけだ。

「結果的に7番ホールはボギーになりましたけれど、無理せずにしっかりとレイアップしようと決めて、迷うことなくそれができたことが大きいです」

9番ホールでもバーディーとして、続く10番ホール、101ヤードをPWで1メートルに寄せてバーディー。さらに13、16、17番ホールとバーディーを獲って6バーディー・1ボギーの5アンダーパーで1打差の2位タイで第1ラウンドを終えた。「特に14番ホールで第1打を左に引っかけ、110ヤードを9番アイアンを使ってのハイボールがうまく打て、残り25ヤードの3打目のアプローチを寄せてパーがとれたことが大きいですね」

宮里美香は、昨年までアマチュア選手として活躍していた。4年連続で女子ナショナルチームメンバー。2004年の日本女子アマで史上最年少優勝記録(14歳8ヶ月)を達成。2006年に世界ジュニアを制覇するなど活躍していた。そして、プロ転向して今季から米女子ツアーに挑戦している。けれども、中学3年生から挑戦し続けている日本女子オープンでローアマのタイトルを獲ったことがない。
 この10月10日は、彼女の誕生日だ。20歳になる。

「(10代の)1が抜けるという実感が、まだ沸きません(笑い)。10代最後の日本女子オープンという意味でも、なんとか頑張りたいですね」と語った。 「それに……」と彼女は言う。 「父親が今月末に還暦になるんですよ(笑い)。そのお祝いとしても是非、と思っているのですけどね」
 彼女は、幸先の良いスタートを切った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約