2009年度(第42回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【レイアップを使い分けた下村真由美】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Gary Kobayashi 渡辺義孝
誰もが、このタイトルを欲しがっている。
その勝ちたいという選手たちの情念が、強ければ強いほど、試合に熱気が充満して、とてつもない空気感が生まれる。メジャートーナメントのワクワク感は、きっと、そういう熱望の塊が醸し出すのだろう。

第1ラウンド、6アンダーパーで単独首位に立った下村真由美
「実は、不安感のほうが大きかった」と、その心境を吐露していた。彼女は、予選会から挑戦して、本戦出場を果たした。「予選会の順位(16位タイ、2オーバーパーで予選カット。その後、繰り上がり通過)から、出られるとは思っていなかった」ので、練習ラウンドも1日しかしていなかった。

今季は、思うようなゴルフ
ができていなかった。「シーズンオフにスウィング改造をし始めたのですが、それがシーズンに入るまで間に合わずにいたんです。ようやくなんとかなり始めたのが(8月の)アクサレディスのころですかね」
その下村が、出だし1番ホールから4連続バーディー。さらに7番ホールも獲ってアウト31。インは、15番ホールをバーディーとして35。トータル66の6アンダーパーでの首位に立った。

「女子プロ選手権のときもそうだったのですけど、とにかくダブルボギーを打たないで、我慢しようと心がけました」
彼女の第1ラウンドの決意……それは、苦しいときにジタバタしないことだった。
「ともかく、安全に、無理しない。ティーショットを曲げても、しっかりと刻んで次のショットにつないでいこう」というゲームを徹底したのだ。
「練習ラウンドを1回して、その時点で、(いまの自分のゴルフの状態を考慮して)自分が、どう攻めて行こうかと、決めていましたので、迷いはありませんでした」

刻む……米国では《レイアップ》という言葉が使われる。これはもともとバスケットボールのゴール下からのジャンプシュートをするときの言葉だ。蓄えて使わずにおくという意味合いが含まれている。だから、日本語の《刻む》という響きよりも、レイアップという言葉のほうが、賢い策という意味合いが多く含まれている。

下村は、そのレイアップを上手に使い分けながらプレーしたのだった。今年26歳。アマチュア時代、日本ジュニア、日本女子アマなど出場し2000年にはナショナルチームのメンバーにもなっている。
「我孫子は、ジュニアレッスン会でプレーしたはずなのですが、まったく記憶にないんですよ(笑い)」今週は、(コースから30分ほどの)実家から通っている。「やっぱり実家からはいいですね。匂いというか雰囲気が違います」

日本女子オープンのコースセッティング、特に、我孫子の巧みなレイアウトでは、勢いだけでは4日間のスコアに結びつかない。パワーだけでもなく、飛距離だけでもなく、メンタリティとフィジカル、そして技量がうまく解け合い、さらに勝ちたいと思う気持ちが空回りせずに、ほどよく1打

1打につなげていける選手たちが、上位に集まってくる。
下村の1打差に宮里美香馬場ゆかり。さらに2打差で福嶋晃子T・ダーディン……。
そのストローク差に、ひしめきあう選手たちの熱気は、ますます盛り上がる。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約