2009年度(第42回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【2アンダーパーなら悪くないスタート? 古閑美保と横峯さくら】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi 渡辺義孝
古閑美保
古閑美保横峯さくらは、ともに2アンダーで9位グループでのスタートを切った。古閑は、スタートの10番をバーディー発進。パッティングのタッチもよく、「今日は、どこまで伸ばせるのだろう?」と、一瞬思ったという。ところが、2番以降、タッチが突然合わなくなって「どこまで崩れるのか」に変わっていた。インは、11、16番をボギーにして1オーバーパー。そして、アウトにターンしたところで「再びパッティングタッチのタッチが戻ってきて」ボギーなしの3バーディー。「晴れたり曇ったりでしたけど、メジャーで2アンダーパーのスタートなら悪くないんじゃないですか」

同じことを横峯も口にしていた。2バーディーでボギーな
横峯さくら
し。「そのスコアカードだけを見れば、メジャー大会としては悪くないと思います」。ただし、横峯の場合は「でも…」と続く。

「チャンスは、たくさんありました。3、4メートルのバーディーチャンスが。見た目には速く感じるグリーンなのに、実際は、それほど速くなくて、打ち切れませんでした。前日の雨のせいかもしれません。グリーンが乾いて、もう少し速くなれば、どんどん決まるようになるかもしれません。そしたら、もっともっとスコアを伸ばせそう。自分でも楽しみです」

2日目以降も、この二人には注目していきたい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約