2009年度(第42回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【第2ラウンドは雨の中、熱戦を展開中】
第2日 競技報告:JGA    写真:JGA
2009年度(第42回)日本女子オープンゴルフ選手権競技の第2ラウンドは、雨の中、スタートした。

千葉県の我孫子ゴルフ倶楽部は、第1組・第11組スタートの7時になっても雨が上がらず、徐々に雨脚が強くなる悪コンディションに。
雨を含んだラフ、ティーショットの距離も落ちて難しさが増すなかで、昨日5アンダーパースタートの宮里美香が、順調にスコアを伸ばしている。

また、2004年大会優勝の不動裕理も10番スタートの前半で3つスコアを伸ばし、順位を上げている。
注目の 宮里藍は、バーディーとボギーが交差する出入りの激しいプレーで前半37.後半に入り1番(パー5)で残り28ヤードの3打目を
直接放り込むチップインイーグルを決めたが、スコアを伸ばしきれない苦しい展開を強いられている。一方、同じく10番ホールからスタートした諸見里しのぶは、前半で4バーディー・1ボギーと3ストロークスコアを伸ばし、2度目の戴冠に向けて、順位を上げている。 

11時定刻に午後の部もスタートし、昨日4アンダーでホールアウトした、福嶋晃子山崎百代T.ダーディンイム ウラら上位陣他、巻き返しを図る上田桃子横峯さくら古閑美保ら注目選手が続々と雨の我孫子に挑む。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約