2009年度(第42回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【満身創痍ながら福嶋晃子が粘りのプレーで2位タイ】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Gary Kobayashi 渡辺義孝
「ともかく、ドライバーがよく曲がりました」
第1ラウンド68の4アンダーパーの4位タイでスタートした福嶋晃子。まだ持病の腰痛などが完治せずに「優勝争いできる段階までもたどり着いていない」状況。それでも、午後、時折激しい雨の中、福嶋は荒れるショットをうまく紡ぎながら、スコアをまとめた。前半1バーディー・1ボギーでターンした後の10番ホール(パー5)。3打目をカップ横70センチにつけてのバーディーで「気が楽になった」という。

実は、大会が始まる3週間前の「ゴルフ5レディス」と次の「日本女子プロゴルフ選手権」と2週連続して予選落ちをしている。絶不調…と、本人はショックを隠しきれないでいた。「
若い頃に2週連続予選落ちの経験があるくらい」で、落胆した気持ちで、この大会に臨んだのである。
だから「まずは予選を通りたいです」と切なる気持ちが福嶋の荒れたゴルフを支えていた。

13番ホールで6メートル、14番ホールで1メートルのバーディーを決めたにもかかわらず、15、17番ホールとボギーを叩いてしまった。
「しっかりね。カツっと入れないと!」と福嶋に喝を入れたのはハウスキャディの千葉早苗さんだった。「その喝に、あーそうだな。よし!」と気合いを入れてのバーディーだった。「昨日、終わりが良くなかったので…。これで無事、予選が通れましたし…。あとは、もうちょっと(ドライバーの)曲がり幅が狭くなれば、あとはアプローチとパターで…(スコアは作りに行ける)」という福嶋。満身創痍のショットと肉体でも、スコアをつくりにいっての2位タイで、後半のラウンドの2日間を迎える。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約