2009年度(第42回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【不動裕理が4位タイに浮上。虎視眈々と優勝を狙う】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Gary kobayashi 渡辺義孝
虎視眈々という言葉が、まさに2日目の不動裕理のゴルフを表していた。

第1ラウンドは70の2アンダーパー。第2ラウンドは、早朝から雨。7時27分、10番ホールからのスタート。まだ小雨という状況で、不動は11、12番ホールと連続バーディーとし、通算4アンダーパー。そして17番ホールで6メートルのバーディーパットを決めて、33。通算5アンダーパーとスコアを伸ばした。

「それでも前半は、3メートル前後のパッティングが外れていたんですよ」という不動のリズムを狂わせたのは、後半である。「問題は、雨ですね」…今日の雨だ。ラフに水が溜まる。視界に靄がかかったようになり、距離感が読みにくくなる。不動
の飛距離では、第2打でウッドを持つことも多くなる。

雨が、やや強まった後半に入って、1番ホールはバーディーとしたものの、2、4番ホールとボギー。そして7番ホールがバーディー。8番ホールがボギーと37とした。それでも、不動は「なぜだか解らないけれど、うまくいっている」と言った。
「確かに、後半の2番ホールで、ボギーとし、あれがパーなら流れが変わったのかなとも思いますけど…でも、なにかうまくいっているんですよね」

ゴルフは、確かに「勿体ないミスもあるし、逆に、いいゴルフができた場面もある」。それを含めてゴルフなのだ。ホールアウト後、記者会見で、じっと自分のスコアカードを見つめながら、不動は、誰とはなしに呟いていた。

「順位的には、いい位置にいると思います。この4日間、自分を試すいい機会だと思っています」国内46勝。2000~2005年まで連続賞金女王。2004年には、日本女子オープン優勝を果たしている。その女王が、穏やかな表情、ジワリジワリと詰め寄って2日目をターンしいくスコア。その静かな闘志が、かえって虎視眈々と優勝を狙っているように感じ取れた。
首位と5打差…。

「(自分では、そんなにいい内容ではないという印象なのに)何かがうまくいっている」という《何か》とは、きっとこれまでの戦績、女王としてのプライドと勝利に向かう情熱の姿勢が、あと押しをしているのだと思う。不動の強さの源が、そこにある。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約