2009年度(第42回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【「明日は10アンダーパーを狙う」諸見里しのぶ】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Gary Kobayashi
「前半伸ばして、後半崩れる」……この3日間、諸見里しのぶのゴルフは、このパターン。「明日は伸ばしっぱなしにしたい!」と言い切る気持ちは、痛いほど解る。今季、絶好調。日本女子プロ選手権、ワールドレディスを含む5勝。賞金ランキングもトップとなる活躍を見せる彼女にとって、悔しくて悔しくて仕方のない3日間のはずだ。

第3ラウンド。3、5、7と3バーディーを奪ったときに「今日は、いけるな、と思った」のに、その気持ちにブレーキをかけたのが、8、9番の連続ボギーだった。その後遺症が、10番ホールでも出てしまう。3メートルのバーディーパットを入れきれずに外してしまうのだ。

首位と8打差……。「62
で回れば、チャンスということ?」とニヤリと笑った。「難しいけれど、心のどこかには、10アンダーパーで回るぞ、という気持ちを持ってプレーしたいですね。前半、バーディー、バーディーときたら、その準備はしておきたい」

いまの日本の女子ツアーが面白いのは、ビッグスコアと言われる65以下。63、62というスコアを出せるポテンシャルを持っている選手がいるということだ。少なくとも、4アンダーパーグループの選手たちには、それがある。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約