2009年度(第42回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【4打差を追っての直接対決で逆転を狙う福嶋晃子】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi
宋ボベとともに2位で宮里美香を追う福嶋晃子の口から景気のよいセリフを聞くことができなかった。好位置につけながら、大きな不安材料を二つも抱えているからだ。

ひとつは腰痛。ここ数年、持病のようになっているが、天候不順の本選手権は、特に痛みが増してきているという。前夜は鎮痛剤を飲んで寝た。それでも、朝は痛みで目覚めてしまった。

「もう腰痛は、仲良くしたくない友達みたいなもので、怒らせないように、騙し騙し付き合っていくしかないのかな…と、覚悟はしているのですが、きついです」

ときにフェアウェイを歩くのにも難儀しているような様子がうかがえる。そして、もうひとつの不安材料はドライバーショ
ットだ。「曲がりたおしていますからねえ。いろいろ修正を試みてはいますけど、一向に解決法が見えてこない。どうしたらいいのかわからない状態です。最悪ですよね」

それでも、3日間で7アンダーパーとスコアを伸ばし、トップと4打差につけている。第3ラウンドも5バーディー・4ボギーと、やや荒れ気味だったが、71にまとめた。

「幸い、アイアンショット、アプローチショット、パッティングと、ドライバーショットを除けば、しっかりと打てています。だから、ドライバーショットでグリーンを狙えるところに置いておければ、なんとかなるんですけど、ときに曲がり幅が大きくなりすぎて林まで打ち込んでしまうことがある。本当に何とかしたい。でも、なんとも解決法がないんです」ということで、明日の直接対決も、腰とドライバーショット次第だと、決めつけている。相手は、宮里美香ではなく、自分の体調と、ままならないドライバーショット。確かに、景気のよいセリフを口にするどころではないのであろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約