2009年度(第42回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【口惜しいプレーオフ負けに横峯さくらはクラブハウスで号泣】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi
プレーオフで3.5メートルの
バーディパットを決められず
負けた内容が悪かった。自分に納得できなかった。

涙をぬぐった横峯さくらは、プレーオフのパッティングを振り返った。

「左横から3.5メートルぐらいの距離だったのですが、ジョン(キャディー)とラインが反対でした。ジョンはフックラインだと言いました。ホール左いっぱいだというのです。私には、スライスラインに見えました。もう一度二人でラインを確かめ合って、フックラインと決めたのですが、決断が鈍く、ちょっと迷ったままストロークしてしまいました。その分だけ、ラインもまっすぐに近くなり、しかも打ち切れませんでした。ものすごく悔いの残るパッティングをしてしまった。それが、本当に悔しくて…」

優勝の行方はプレーオフへ
けて号泣は、昨年のPRGRカップ以来だ。このときも、50センチのパットを、迷ったまま打ってのミスだった。

最終ラウンド、1番でイーグル、3番でダブルボギーと賑やかな序盤だった。「でも、あのダブルボギーで吹っ切れて、あとは攻めるしかないと自分に言い聞かせて、ピンを見るだけのゴルフに徹しました」。そこから奪ったバーディーが7個。最終18番も4メートルの「ボール1個分左に切れるライン」。これは、キャディと読みが一致して強めにカップに飛び込ませた。

3日目を終えて「5打差までなら逆転圏内だと思う」と言っていた横峯。実際は、7打差まで開いていた。それを最終ラウンドベストスコアの65でひっくり返し、プレーオフまで持ち込んだ。そこまでの内容については「自分の成長を感じていた」だけに、プレーオフでの最初の読み違い、さらに決断したはずなのに残っていた迷いが招いたミスパットは、自分を許せない思いにさせたのであろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約