JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【酒井、涙の優勝「尊敬する先輩・藤本麻子の次に名前を刻みたかった」】
第5日 競技報告:塩原義雄 写真:Gary Kobayashi
優勝 酒井美紀
ホールアウト後、涙があふれた
追いつくところまでが精一杯で、なかなか流れを変えるまでにいたらない。酒井美紀(いわきGC)は、前半、戸惑いの中にいた。いきなり、2ダウン。自分のミスからだった。朝の練習場では、前日まで同様にショットが好調で、練習グリーンでのパッティングもスムーズなストロークができていることを確認した。

「これなら、昨日までと同様に自分のゴルフをすればいいな、と思ってスタートしました。ところが、コースにいったとたん、リズムがどこかに飛んでいってしまって、ドライバーショットが右にふけてラフばかり。さらに、昨日まではラフからのアイアンショットでも、グリーンに乗せられたのに、今日は、それもダメ。おまけに、アプロ
気温30℃の中、体力勝負の長丁場となった
ーチショットまで距離感が合わなくて…。どうなるんだろうって、ちょっと焦りました」そのとき、頭に思い浮かんだのが、大会直前に届いた昨年の覇者・藤本麻子からのメールだったという。

「ミキティー(酒井の愛称)、今年は、自分のゴルフをすれば勝てるヨ」その自分のゴルフができなくなったときは、どうすればいいのか。それは、マッチプレー進出を決めた夜に再び藤本から届いたメールに記されていた。

「ここからは、体力勝負。疲れを顔や体に表すな!」相手も疲れている。だから粘り強く戦っていけば、そのうちリズムも取り戻せるだろう。これで、ちょっと落ち着けたそうだ。4、5番ホールを取り返してオールスクエアに持ち込めた。ここからは、また先行されては追いつくというパターンにはまり込んでいった。

22ホール目で5度目のオールスクエア。23ホール目を失い、28ホール目もとられて2ダウンとされたところで、酒井は、自分から流れを変えにいった。「疲れを吹き飛ばしてやろうと思って、歩くテンポをスピードアップし、もやもやしていたドライバーショットも、シャフトが折れそうになるぐらい思いっ切り振ってやりました」

29ホール目だった。会心の強弾道が飛び出した。常にドライバーショットで先を越されていた柏原のボールを越えていった。歩くスピードを上げたことで、何かが戻ってきていることを感じていた。このホールをとった。そして、ここからさらに3連続アップして一気に追いつき、逆転していった。2アップとなって初めてゲームの主導権を握り、3メートルのパーパットを残してしまった34ホール目のピンチも、この微妙な距離を沈めて、いよいよドーミーホールの35ホール目へ。

ドライバーショットは右ラフに。そこからの第2打はグリーンオーバー。アプローチショットを寄せ切れずにボギーとして、2パットのパーだった柏原にひとつ返された。「決勝を戦ってみて、柏原さんは飛ぶし、小技も上手でした。だから、すんなりとは終わらないだろうな…と、思っていました」

気持ちを引き締め直して臨んだ36ホール目。グリーン手前からのパー5の第3打を「今日の最高のアプローチショット」でピンそば30センチにつけた。第2打でグリーンオーバーしていた柏原は、奥のラフからチップインを狙ってきた。ボールはカップをかすめて50センチほど通りすぎていった。両者バーディーで分け、酒井の1アップ勝利が決まった。

「これが最後の日本女子アマ(現在プロテスト2次を通過して、この大会後7月の最終テストを受ける)なので、絶対に優勝したかった。尊敬する麻子さん(藤本)の次に自分の名前を優勝カップに刻みたかった。本当に、念願が叶いました」

この大会でもキャディーをしながら付き添った姉に引っ張られる格好で続けてきたトレーニング(ランニング)の成果が、長丁場を乗り切らせたようだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約