JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【伏兵の西村が単独首位に】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
33度の酷暑とアップダウンが激しい城陽カントリー倶楽部での開催となった本選手権。出場選手は、厳しいコンディションの中で必死のプレーを見せていたが、「全国大会も初出場」という伏兵、西村加菜子(大手前大学2年)が3バーディ・1ボギーの69をマーク。2アンダーパーで単独首位に立った。

「ドライバーショットが悪かった」という西村は、スタートの10番ホールから必死で4ホールパーを積み重ねると、14番で「10メートル以上」というパットをねじ込んで、バーディが先行する。「これで気が楽になって、流れに乗れた」西村は、16番も6メートルのスライスラインを決めて前半で2つスコアを伸ばす。

後半、4番のティショットを左に曲げて林に打ち込むトラブルに見舞われるも、グリーン手前35ヤードから起死回生のチップインパーでピンチを切り抜けると、5番で8メートルを沈めてバーディ。7番はアプローチがよらずにボギーを叩いたが、見事なプレー振りだった。しかし、当の本人は、疑心暗鬼な表情で、自分が首位に立っていることが信じられない様子だった。「初出場でアンダーパーなんて出来すぎです」と恐縮する。それでも、「普段、得意ではないパッティングが決まってくれている。このグリーンはタッチが合っているし、返しのパットも入れる自信がある」と、笑顔を見せた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約