JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【ともに最後の挑戦となる東と槙谷が上位につける】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
東香里
大学4年生となった今年、最後の本選手権出場となる東香里(同志社大学4年)が1オーバーパー・72、槙谷香(名古屋商科大学)が4オーバーパー・75と上位につけた。

地元関西の大学に通う東は、「リーグ戦で何度もプレーしている。けれど、苦手」という言葉とおり、6番でダブルボギーが先行する厳しいスタートとなった。前半は8番でも3パットのミスでダブルボギーを叩くなど40。しかし、地元開催ということもあり、「自分はもちろんですが、周りのみんなも凄く応援してくれて」という期待を裏切るわけにはいかない東は、11番で1.5メートル、12番では「得意の8番アイアン」という2打目を30センチにつけて連続バーディ
槙谷香
。16番でもスコアを伸ばした東は、後半で3つスコアを取り戻して、上位に踏みとどまった。「このコースは、ドローヒッターは打ちづらいホールが多いんです。だから、この試合に合わせてフェードボールを練習してきた」と、万全の調整で最後のチャンスにかける。

一方の槙谷は、昨年大会で第2ラウンドに首位タイに躍り出ながら、最終ラウンドにスコアを落とした経験を、「いいところまでいきながら…本当に悔しかった」と語る。今日のラウンドは、前半13番でダブルボギーが先行するも、18番と1番で連続バーディを奪うなど粘りのプレーを見せた。しかし、「5番ホールまで良い流れをつかんでいたのに。6番のボギーで、止まってしまった」と終盤のミスに悔しがった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約