JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【出入りの激しいプレーながらもパープレーにまとめた大堀】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
昨年大会11位の大堀薫(大阪学院大学3年)が、5バーディ・5ボギーの出入りの激しいゴルフながらパープレーにスコアをまとめ、首位と2打差の3位で第1ラウンドを終えた。「今日は4メートルぐらいのパットが入った」という大堀。

2番では95ヤードの2打目を50センチにつけるショット巧者の一面も見せてくれた。しかし、「17番が悔しい」と、満面の笑みは見られない。「あのホールで1メートルのパーパットを外してしまった」のが悔やまれる。地元関西で、ここ城陽カントリー倶楽部はリーグ戦の舞台にもなっており、かって知ったる場所ではあるが、「コースの特徴は熟知しているが、得意ではない。2打目も傾斜地から打つことが多いし…」と不安の表情。明日以降、苦手意識を取り除いて、上位進出を目指したいところだ。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約