JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【後半スコアを伸ばした佐藤が2位】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
「最近、アドレスがスクウェアに取れずに悩んでいた」という佐藤絵美(東北福祉大学1年)。前半はアドレスの不安が的中したかのように1番でティショットを左に曲げてボギーを叩くなど、1オーバーパー。しかし、後半になって「少し自分で調整をしてみたら、すっきりと構えられるようになった」と不安が薄れると、10番で130ヤードのセカンドショットを9番アイアンで1メートルにつけてバーディ。13番でボギーを叩いたものの、15番では5メートル、最終18番もティショットを左バンカーに打ち込みながら、残り170ヤードを5番アイアンで2.5メートルにつけるナイスショットを見せて、バーディフィニッシュ。4バーディ・3ボギーの70。1アンダーパーは首位と1打差の2位と好位置だ。

今年、大学に進学して初の日本女子学生に、「今日、同じ組でプレーした2人はタイトルも獲っていらっしゃるし…」と緊張したようだが、「少しでも先輩達の技術を学びたいと思った」と、謙虚な心でプレーに専念したのが奏功した。「まだ1日が終わっただけ。ゴルフは何が起こるかわからないし、最後まで気を抜かないように」と、好スタートに改めて気持ちを入れ替えていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約