JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【1打差2位につける地元の東と山本が逆転を狙う】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
東バーディフィニッシュでガッツポーツ
東香里
会場の城陽カントリー倶楽部・西コースは、アップダウンも激しく体力的にも困難さがあるが、選手を苦しめているのは、それだけではない。ドッグレッグホールが多く、セカンドショットを傾斜地から打つことも多いため、距離感を惑わされやすいようだ。首位の大堀をはじめ、2位タイの東香里(同志社大学4年)と山本有里(大手前大学3年)の上位3人が地元関西の大学に在籍しているのも、深い理由がある。リーグ戦の会場にもなっている同コースの特徴を熟知しているから、コース攻略も上手くいっているようだ。

今年が最後の日本女子学生となる東は、「今日は苦しいゴルフだった」と苦笑いをみせた。11番で「絶対入らない場所からだった
山本有里
」という4メートルの下りスライスラインをねじ込み幸先良いスタートを切ったが、12番でティショットのミスからピンチを招き、1.5メートルのパーパットを外してボギー。15番では再び4メートルを決めるも、前半最後の18番ホールでよもやの3パットでボギーを叩き、前半を1オーバーパーで折り返す。「今日は、距離のジャッジがすごく難しくて。自分のアイアンショットの狭間の距離ばかりで…」とため息をつく。

後半も7番までパーを積み重ねるが、必死のプレーだったようだ。そして迎えた8番。セカンドショットでOBのミスでダブルボギーを叩き、このままスコアを落とすかと思われた東だったが、「逆にあのダブルボギーで気持ちが引き締まった」と、最終9番で三度4メートルのバーディパットを沈めて見せた。本選手権は、2007年に3位タイ、2008年は2位とあと一歩のところでタイトルを逃している。「どうしても勝ちたい」という強い意志が最後の集中力を生んだのか。「最後、明日に繋がる良い終わり方が出来た。自分は追いかけるほうが得意なので、明日は頑張ります」明日の最終ラウンド18ホールで東の大願が成就なるか。

一方の山本は5バーディ・3ボギーのベストスコア69をマークして2位タイに浮上した。1番で6メートル、2番で1メートルを沈めて連続バーディでスタートを切ると、3、5、7番でボギーを叩いたものの、9番も5メートルを沈めて前半をパープレーで凌ぐ。後半は13番で130ヤードの3打目を8番アイアンで50センチにつけるスーパーショットを放つなど、2バーディ。会心のプレーかと思われたが、「もっとパットが入っていれば」と悔しさをにじませる。

山本は、第2ラウンドのスタートを前に「今日は絶対に良いスコアを出して、優勝争いに加わりたい」と考えたいたという。その言葉通り「スタートからバーディを狙って」プレーした結果が、好スコアに繋がった。日本女子学生は3度目の挑戦で初の最終ラウンド進出になる山本。「今日は、このコースで自分のベストスコアを更新できた。明日もパットがよければ…」願いどおり優勝争いに加わっていられると読んでいる。

3度目の正直を狙う東と、初の戴冠チャンスを目前にする大堀と山本は明日、最終組でプレーする。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約