JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【パッティングに苦しみながら単独首位に立った大堀】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
通算1オーバーパーで単独首位に立った大堀薫(大阪学院大学3年)は、「なかなかチャンスが決め切れなくて」と疲れた表情を見せた。

スタートの10番でティショットを左のラフに入れてボギーを叩くと、直後の11番では6メートルのフックラインをねじ込み、すぐにスコアを戻す。しかし、大堀はここから苦労の連続を迎える。15番ではティショットを左バンカーに打ち込んでボギー。18番では短いパーパットを外してボギーを叩き前半を2オーバーパーで終える。

このままズルズルとスコアを落とすかと思われたが、「18番のボギーで、逆に自分がしっかりしなくちゃと気合いを入れなおした」後半は4番でボギーを叩いたものの、
6番と8番で4メートルのバーディパットを決めて、この日1オーバーパーの72。

「地元開催ですから、チャンスはものにしたい」と語る大堀。全国大会での優勝経験がないだけに、明日はプレッシャーがかかりそうだが、「東選手も本当に強いし、学ぶ気持ちでプレーしたい。できれば、アンダーパーを出したいけれど、欲張らずに」と無欲で初優勝を狙う。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約