JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【最後の挑戦は2位に終わった東と、来年の雪辱を期す牧】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
東香里
牧里奈
同志社大学の友人達が大挙して1番ホールのティインググラウンドの後方で、応援を送っている。その声を一身に浴びてスタートした東香里(同志社大学4年)だったが、ティショットを左のバンカーに打ち込み、3パット。まさかのダブルボギー発進で、出鼻をくじかれ、2バーディ・7ボギー・1ダブルボギーの78と大きくスコアを落とし、3打差2位に終わった。「今日は全体的に運が悪かった。バンカーの縁に球を打ち込んで、アドレスが取れなかったり…もやもやはしていないけれど、終わってしまったという…」そういい残して、友人や応援に来ていただいた人たちに悔しさを隠して健気に挨拶をしていた。

一方、最終組の1つ前でプレーした
東香里
牧里奈(名古屋商科大学3年)は、「3日間、自分のプレーができた」と屈託のない笑顔を見せた。この日は1バーディ・5ボギーの75でホールアウト。通算10オーバーパーで3位入賞を果たした。「でも、この暑さには参りました。後半は集中力も切れてしまって。来年、今年以上の成績を残すために、体力をつけます」と早くも来年の雪辱を期していた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約