JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【地元対決は大堀が制す】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
大堀薫(大阪学院大学3年)は、「緊張して朝ごはんは食べられなかった」と苦笑いを見せる。4月に連盟杯を制してはいるが、「ジュニアのときも全然ダメで。2日間とも90ストロークぐらい叩いて、第2ラウンドでカットでした」と、全国大会で優勝争いを殆ど経験したことがないのだから、ご飯が喉を通らないのも無理はない。

スタート前の大堀は、股関節と肩甲骨のストレッチを繰り返して、2度3度とジャンプをし、必死に緊張をほぐそうとしているように見えた。そんな大堀に幸運だったのは、「最終組でプレーした2人も地元の大学で。スタートしたらリラックスできた」。スタートの1番。95ヤードのセカンドショットをピッチングウェ
ッジで1メートルにつけてバーディ。後を追う二人の機先を制するスタートダッシュを決める。しかし、2番で山本有里(大手前大学3年)がバーディを奪い返し、最少リードは変わらない。5番でバーディを奪うも6番では2打目を「入れてしまったらボギーは覚悟している。苦手だから」というバンカーに打ち込み、3番に続いての3パットでダブルボギー

。一時3ストロークまで開いていた山本との差は再び最少ストローク差になってしまった。7番(パー3)では山本が見事なティショットで1メートルにつけてバーディ。このホールで二人が通算2オーバーパーで並んだ。山本が流れをつかんだと思われた8番(パー5)で2打目をOBとし4パットの9を叩いて自滅すると、大堀は9番で尾根を越えてスライスする12メートルのパットをねじ込みバーディ。「自然と出てしまった」というガッツポーズが、喜びの大きさを感じさせた。

優勝争いは、10番で連続バーディとした大堀の独走態勢と思われたが、初優勝までの道のりは険しかった。11番で再び不得意なバンカーに打ち込みこの日2つ目のダブルボギーを叩くと13番でボギー。15番では12メートルのバーディを決めながら、16番では三度バンカーをミスしてボギー。17番でもグリーン上でペナルティを取られて、この日3つ目のダブルボギー。「後半はしびれていることは自覚していなかったけれど、ドタバタしてしまった」と反省するように、最終18番もグリーン右からのバンカーショットを寄せきれずボギーとする大荒れのプレー。優勝を決める短いボギーパットも「同組の選手のスコアの出入りも激しくて、自分がリードしているのかわからなかった」と、お先に入れてしまった。あっけなく最後のパットを沈めても、優勝の確信が持てない大堀に笑顔は見られなかった。

大堀の笑顔が弾けたのは、アテストを終えてからだった。友人達に祝福をされると、照れ笑いに続いて、うれし涙が頬をつたった。「昨年は11位。この1年でショートアイアンのバーディパットをしっかり打てるようになった」という自信を持って臨んだ本選手権で大輪の花を咲かせた。「来年にはプロテストを受験したい。でも、これで女子オープンに出場できるので、ローアマチュアを狙いたい」全国大会初優勝が大堀に新たな自信を与えたようだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約