2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【7位タイの芹澤は「日本オープンを思い出した」】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Gary Kobayashi/Kentaro Shiba
シニアルーキーの一人、芹澤信雄は、第2ラウンドを72で終えて、通算4オーバーパーの7位タイにつけている。「いや、全長距離は別にして、そのほかのセッティングは、日本オープンと同じか、それ以上かも知れないですね。難しいですよ。日本オープンのセッティングは、もともと大好きだったのですけど、ここ5年ほど出れないでいて、久しぶりに日本シニアオープンで、こういうセッティングを体験したら、日本オープンを思い出しました(笑)」試合後、ただ一人冷たい空気の中で、半袖のシャツで練習を続けている芹澤。さすがにルーキーらしいハツラツさが伝わってくる。

「今日のポイントは、8番ホールにつきると思います。5、6、7
番と3連続ボギーという嫌な流れがあったんですけど、そこで値千金のバーディで、救われました。それも、グリーンを右に外してエッジから、5ヤードの距離をチップインでのバーディでしたから、そこからまた流れを取り戻して、次の9番もバーディになりました」

「今季からシニアツアー入りしたルーキーは、確か11、12名ぐらいいますけど、そのうち8人がレギュラーツアーの優勝経験者。僕たちがシニア入りしたことで、『お前たちには、そう簡単に勝たせないぞ』って、いい意味でのライバル意識があるのかな、と感じます。というのも、この間のファンケルでも、前年までは4オーバーパーが予選カットだったのに1オーバーパーとレベルが上がったと聞いています。ですから、僕たちもかなり頑張ってやらないと、と思っているんですよ。油断できませんよね。まあ、シニア入りして試合に出ての戸惑いは、最初のころは3日間競技のペースがなかなか掴めなかったということでしょうか。想像以上にレベルが高いのは確かですね。聞けば、今回のシニアオープンも、この10年でいちばん難しいコース、セッティングだっていうじゃないですか…。あと2日間、なんとか巻き返しして、優勝争いを最後までやりたいですね」

プレー中の芹澤を見ていると、レギュラー時代よりも、筋肉がついた感じがした。
「気がつきましたか(笑)。実は、数年前に、左肩を壊してから、リハビリをし、インナーマッスルを鍛えて、さらにトレーニングをしっかりとやり始めたんですよ。地道に一生懸命やっているので、そう見えたんでしょうね。嬉しいですよ(笑)」

シニアルーキーの芹澤や真板たちの活躍が、選手全員に、いい刺激を与えているのだろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約