2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【室田淳は好位置をキープ】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi/Kentaro Shiba
「今日は、足の裏を痛めてしまって、踏ん張りがきかなかった」というのは室田淳だった。今年は、ヒジ、腰ときて、今度は足の裏。「まあ、50歳を過ぎたら、みんなどこかしら痛いところがあるだろうから、そんなことは言っていられないけどね…」

1番でカラーからパターで5メートル弱を沈めてのバーディと幸先のよいスタートを切ったものの、そのあとは、グリーンをオーバーさせるシーンが目立ち、そこから寄せ切れずにボギーとするパターンが続いた。10番で1.5メートルのバーディパットを決めて、ペースを取り戻したかに見えたが、続く11番(パー4)で、またもや第2打をグリーン奥にこぼしてのボギー。最終18番では短いパー
パットまではずして3オーバーパーのラウンドになってしまった。それでも通算2オーバーパーは、ルアンキット、水巻善典に続いての単独3位。順位だけなら、スタート前と同じポジションをキープできた。

「問題は、明日(第3ラウンド)だね。悪天候になるだろうから、グリーンを外したあとの処理をよほどうまくやらないと、ズルズル後退っていうパターンにはまりかねない。辛抱強く、粘り強くプレーしたいね」

4年連続2位(タイ含む)から悲願の日本シニアオープン初優勝へ。室田は、静かに4年分の雪辱を心に期している。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約