JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【「目標は世界中のツアーを回ること」と語る初優勝の川村】
第3日 競技報告:JGA
9時28分に雷発生のために競技中断のサイレンがコース内に鳴り響いた。そのとき、川村昌弘(福井工業大学附属福井高校3年)は、スタートを間近に控えてパッティンググリーンで調整を行っていた。時間がたつにつれて強くなる雨。時折聞こえる遠雷。まんじりとしない時を過ごしながら、静かに天候回復を待っていた川村だが、天候回復が見込まれずコースコンディションも不良のため、12時に第3ラウンドの中止が決定した。「今日は、やりたかった」インタビューを受けた川村は、そう呟いた。第1ラウンドにコースレコードを更新する65。第2ラウンドも自分の納得がいくプレーをしていたから、なおさらその思いは強い。しかも、最終ラウンドは
安西JGA会長より JGA杯授与
、JGAナショナルチームメンバーとして国際競技とともに戦ったこともある加藤龍太郎(岡山作陽高校3年)との同組で「いつか一緒にプレーしようと話していた」2人の思いが現実となったのだから。「今からでもプレーしたい」というのは、本心からだろう。

今年の川村は、決して順風満帆とはいえなかった。優勝を目標にしてきた日本アマでは、よもやの不出来でマッチプレーに進出することも出来なかった。「今年は日本アマ、日本ジュニア、日本オープンを目標にしてきた。JGAのタイトルはどうしても獲りたかったので。日本アマで失敗してしまって…でも、成績が悪かったことがきっかけで、良くなった。これからも、あの日本アマでの経験が良い方向に向かうように頑張りたい」と、語る。

最後の日本ジュニアで初優勝。この自信を胸に日本オープンに臨み、来年はツアー出場を狙う。そして、「将来的には世界中のツアーを回ることを目標にしたい」と話す。「夢」ではなく「目標」。その言葉の違いは、大きい。今年目標の一つはクリアした。川村は、その次の目標に向かって、一歩を踏み出した。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約