JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【2位タイに終わった選手たち】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
飯田耕正
井関剛義
今年の日本ミッドアマを終始リードしてきた飯田耕正(ジャパンクラシック)は、最終ラウンドの13番ホールまで、確かに試合をコントロールしていた。1番でいきなりバーディを奪った飯田は、続く2番で3パットのミスからダブルボギーを叩いたものの、4、7番をバーディ。9番で2度目の3パットでボギーを打ったが、前半をパープレーにまとめて2位の田中とスタート時点の3打差リードを保ったまま後半に入った。10番も見事なセカンドショットで1メートルにつけてバーディを奪い、このまま飯田が独走態勢を築き2度目の戴冠を果たすかと思われたが、本人は不安で一杯だったという。「パッティングは良かったけれど、ショットに不安があって
金子光規
2位入賞者
…」という飯田の心配が13番から現れ始める。このホールでティーショットを左に曲げてボギーを叩くと、続く14番(パー4)では、確実にフェアウェイを捉えようとユーティリティーを手にしたティーショットを、まさかの左OB。さらに3パットのミスが重なりトリプルボギーとして通算3アンダーパーにスコアを落とし、田中に並ばれてしまった。15番では下り10メートルのバーディパットを最後の一転がりでねじ込んで再び田中に1打のリードを奪うが、ショットは最後まで定まらず、最終18番でティーショットを左のハザードに打ちこんだ時点で、飯田の2度目の優勝は霧散した。「自分のショットの甘さが最後に出てしまいました。優勝争いをするレベルのショットではなかったし、ここまで粘れたのはパットのお蔭です」と悔しさを噛み殺しながら、言葉少なに敗者の弁を告いだ飯田だった。

「最近、優勝争いをしていなくて、プレッシャーがありました」と語るのは、この日1打スコアを伸ばし2位タイに入賞した井関剛義(交野)。スタートから「今日は悔いなく思い切って攻めていこう」と臨んだ最終ラウンド。その強気が裏目に出たのか、1番、2番と連続3パットのボギーと出だしで躓いてしまった。3番(パー5)でバーディを奪って、「これで一息つけました」という言葉通り、そこから11番までパーを積み重ねる。後半はいくつかのバーディチャンスを逃しながらも、2つのパー5で着実にバーディを奪って、歴代優勝者の意地を見せた。「後ろの組のスコアの動向が気になったり…久しぶりの優勝争いでしたからね。でも、パープレーを目標にプレーしていたので、優勝できなかったのは残念ですが、満足もしています」と話す。終始笑顔を見せていたのは、「弟のような存在の田中選手が優勝してくれて…」嬉しかったから。「田中選手には先にミッドアマを優勝されて、2度目の優勝も先を越されてしまいました。弟みたいな彼だけど、追いかける存在になってしまいましたよ」と最後の笑顔は苦笑いに変わっていた。

この日、追い上げを見せて2位タイに滑り込んだのは、金子光規(レインボー)。通算イーブンパーの9位タイで最終ラウンドを迎えた金子は、前半を1バーディ・1ボギーのイーブンパーで終える。「今週はパットが入らなくて」とぼやく金子だが、余りあるショットの好調さが後半になってスコアに結びつく。11番で2メートルにつけてバーディを奪うと、12番、16番のパー5でもバーディを決めて通算3アンダーパーでホールアウトした。「3日間、もうちょっとパットが入っていれば…」と悔しがる金子だが、「まぁ、ベスト5入りが目標でしたから」と最後は笑顔で会場を後にした。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約